オン・セミコンダクターは、最新のモノのインターネット(IoT)開発キット(IDK)プラットフォームの機能を拡張する2つの新しいボード(シールド)を発表しました。Bluetooth Low Energy技術およびスマートパッシブセンサ(SPS)を含む2つの新しいシールドが追加され、スマートホーム/ビル、スマートシティ、産業オートメーション、およびモバイルヘルス(mHealth)アプリケーションを対象とした多様な独自のユースケースを開発できるようになります。
 
Bluetooth Low Energy シールドは、最近発表したマルチプロトコルBluetooth 5 認定済み無線システムオンチップ(SoC)であるRSL10を搭載しています。RSL10は、業界最小クラスのディープスリープ電流と受信電力を備えており、バッテリ寿命の長いIoTデバイスを開発できます。小型サイズのRSL10により、低電力 IoTセンサネットワークで求められる、超小型でコスト効率が高いエンド製品を設計できます。Bluetooth Low EnergyシールドをIDKに統合することで、通信範囲を広げるコネクティビティと、照明やモーターを含むセンシングとアクチュエータのオプションの、補完的な選択肢を手にすることができます。
 
また、SPSシールドによりIDKが拡張され、オン・セミコンダクターのバッテリ不要ワイヤレスセンサが計測した温度、湿度、圧力データを捕捉できるようになります。このセンサは、メンテナンスフリーが不可欠で、かつバッテリ交換が難しい、アクセスが困難な場所のモニタを必要とする、産業向けや他のアプリケーションに理想的です。SPSシールドとIDKを組み合わせることで、バッテリ不要のセンシング、ワイドエリアまたはローカルのコネクティビティ、アクチュエーションのオプションを必要とするIoTアプリケーションの迅速なプロトタイピングが可能になります。
 
続きは下の「この PR News の情報をもっと見る」をクリックしてお読みください。

IoT開発キット