オン・セミコンダクターは、急速に拡大する車載イメージング分野における継続的な大きな進歩を示す、高度に統合された1.0 メガピクセル(Mp) CMOSイメージセンサの2製品「AS0140」「AS0142」を発表しました。新デバイスは、イメージセンサとプロセッシング機能を低電力システムオンチップ(SoC)に統合した完全なソリューションを提供し、リアビューやサラウンドビュー・カメラなどのアプリケーションにおける採用を容易にし、加速します。個別のセンサとプロセッサのコンポーネントで構成される従来のソリューションと比較して、PCB面積を30%上縮小できます。これにより、車両のスタイルや美観を損なうことなくカメラを実装できます。

乗用車で使用されるカメラやその他のイメージセンシング技術の数は、急増し続けています。業界アナリストの予測によると、車載カメラの年間出荷台数は、2020年までに8000万個を優に超えます。完全自動走行車への進歩をサポートするセンサは、応用分野の1つになっていますが、さらにAS0140 やAS0142などのイメージングデバイスが、先進運転支援システム(ADAS)の適用範囲の拡大により、ドライバーの快適性、利便性、安全性を向上させるために役立ちます。統合されたセンサは、車両の周囲の広く明瞭な視界を運転者に確保するため、容易に実装できるソリューションを車載アプリケーションの設計者に提供します。

AS0140およびAS0142は、いずれも1/4インチフォーマットのデバイスで、フル解像度で45 fps、720pで60 fpsをサポートします。主な機能として、歪み補正、マルチカラー・オーバーレイ、アナログ(NTSC)やデジタル(イーサネット)インタフェースが挙げられます。いずれのSoCデバイスも、画像処理プロセスに悪影響を与えるノイズを除去するために、適応型ローカルトーンマッピング(ALTM)を使用することで画質を向上させます。また、93 デシベル(dB)のダイナミックレンジにより、高照度と低照度の両方のアプリケーションで効果的に動作できます。車両に搭載されるカメラの台数は増加しつづけているため、 AS0140 およびAS0142がサポートするマルチカメラ同期化の機能は、自動車の設計技術者にさらなる価値を提供します。

新製品の両デバイスは、トップクラスの電力効率を実現しており、高ダイナミックレンジ(HDR)モードにおいて30 fpsで動作する場合の消費電力はわずか530ミリワット(mW)です。動作温度範囲は-40°C~105°Cで、車載環境の使用に対する適合性を高めています。現在、エンジニアリングサンプルを提供中です。量産時期は、AS0140が2017年第4四半期、AS0142が2018年第1四半期の予定です。

イメージングSOC AS0140/142