サイプレスは、超低消費電力のWi-Fi(r)およびBluetooth(r)無線接続を実現し、ウェアラブル端末やスマートホーム製品、ポータブルオーディオアプリケーションのバッテリー寿命の延長を可能にする新しいコンボソリューションを発表しました。

新しいCYW43012ソリューションは、28nmプロセス技術を採用しているため消費電力を現行ソリューションと比べて受信モードで最大70%、スリープモードで最大80%削減しバッテリー寿命を延長します。また、IEEE 802.11a/b/g/n対応しているだけでなく、802.11ac-Friendly™であるため802.11acアクセスポイントとの相互接続が標準モードで可能です。これにより、スループットとエネルギー効率の向上と同時に、802.11ac Wi-Fiネットワークのセキュリティ強化や通信距離拡大も実現します。

CYW43012コンボチップの高度な共存エンジンは、2.4GHzおよび5GHz Wi-Fiのデュアルバンドで、かつBluetooth/Bluetooth Low Energy (BLE) 5.0のデュアルモードを同時に対応可能で、これら無線接続の複合性能を最適化したアプリケーションを実現できます。CYW43012ソリューションは、包括的でターンキーソリューションであるサイプレスWICED(r) Studioプラットフォームで設計が可能です。

WICEDコンボ ソリューションの詳細はこちらから>>
http://japan.cypress.com/802.11ac

CYW43012 ブロック図