AIを支えるディープラーニングによる画像認識を使った自動運転システムやインダストリアルIoTなどでは、高度な演算処理を支える高いコンピューティングパワーが必要とされます。さらにリアルタイムと信頼性を確保しながら、低消費電力の実現が求められます。

本セミナーでは、低消費電力と高い演算性能の特長を持つ256コア搭載メニーコアプロセッサ「MPPA(r)」の開発元であるフランスのKalray社と、Kalray社の代理店であるマクニカ社をゲストに迎え、MPPAプロセッサおよび開発ツールの概説とロードマップをご紹介いただきます。また、MPPAプロセッサをサポートするリアルタイムOS「eMCOS」の紹介に加え、ディープラーニングによる物体認識のデモを実演します。MPPAプロセッサとその性能を最大限に引き出すeMCOSの組み合わせにより、高い演算性能と優れたエネルギー効率、組込みシステムに不可欠なリアルタイム性の実現が可能です。

高度な演算処理を必要とするシステム開発に従事されている方や、メニーコアプロセッサの導入を検討されている方または予定がある方におすすめのセミナーです。

参加料は無料です。お気軽にご参加ください。

[セミナー概要]
◆日程:6/14(木) 14:00~16:50
◆会場:新宿ファーストウエスト 3階 A会議室
◆参加費:無料(事前登録制)
◆対象者:
・高度な演算処理を必要とするシステム開発に従事されている方
・メニーコアプロセッサの導入を検討されている方または予定のある方

▽ お申込みはこちら:
https://www.esol.co.jp/seminar/seminar_146.html

【お問い合わせ先】
イーソル株式会社 エンベデッドプロダクツ事業部
TEL : 03-5302-1360 / FAX : 03-5302-1361
E-Mail : ep-info@esol.co.jp