東日製作所は第45回東京モーターショー2017に世界初公開のトルクレンチを出展します。

 (株)東日製作所は2017年10月28日(土)から11月5日(日)※まで、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催される「第45回東京モーターショー2017」に出展いたします。※一般公開日

東日ブースに是非お立ち寄りください。
■東日ブース: 東7ホールE7102

【東日出展テーマと概要】
『世界を、ここから動かそう。』のステートメントに準じ、東日製作所では近い将来世界の自動車産業で必要となる新技術を多数盛り込んだ、世界初公開の「次世代型トルクレンチ」や近日発売予定のトルク機器などの出展を予定しています。

【東日が考える次世代デジタルトルクレンチとは】
 2年前、設計開発や営業などを交えた3つのグループを立ち上げ、製品化に関係なく最新の技術やデザインを取り入れた「夢のあるトルクレンチ」のコンペを社内で開催しました。
当時、社内で発表した3つの「夢のあるトルクレンチ」の中から、自分達で実現が可能な技術、デザインを集めたものが今回の第45回東京モーターショー2017で発表する「東日が考える次世代デジタルトルクレンチ」のコンセプトモデルです。

今回は世界初公開の『次世代型デジタルトルクレンチ CEM4.0+」をご紹介いたします。
<<CEM4.0+の概要>>
1)3.5インチTFT液晶タッチパネル搭載。
2)顔認証による作業者認証が可能。
3)多彩な通信インターフェイスを搭載(WiFi・Bluetooth(r)・USB)。
4)音・光・振動で作業者にお知らせ、マンマシンインターフェイス向上。
5)QRコード読み取り機能付き。
6)標準交換ヘッドはエキステンションにより延長可能。ICチップでトルク値を自動補正。

<<次世代型デジタルトルクレンチCEM4.0+用の特殊交換ヘッドについて>>
■ POKAYOKECAM (CEM4.0+用 カメラ搭載交換ヘッド)
1)世界初!カメラを搭載した交換ヘッド。
2)カメラによる位置検出で、二度締め防止や締付け順序の管理が可能。
3)ボルト位置の検出に大掛かりなシステムは不要!

■ JIXY (CEM4.0+用 軸力検出交換ヘッド。)
 CEM4.0+にJIXYを接続して『軸力レンチ』に発展します。
1)レンチをひくだけで容易にボルトの軸力計測が可能。
2)個人差無く、締付けられたボルトの軸力を確認可能。
3)ボルトのデータ入力やボルトの加工は不要。
4)電源不要、現場での作業に最適。
5)測定データを無線で転送。

◆下の【このPR Newsの情報をもっと見る】をクリックすると、東日WebサイトのNewsがご覧いただけます。

【東日製作所】 https://www.tohnichi.co.jp/
株式会社東日製作所(本社:東京都大田区、設立年:1949年5月、代表取締役:辻修)はトルク機器のグローバルニッチトップ企業 です。
Your Torque Partnerのブランドスローガンの下、トルク技術を通じて安全な社会の実現に寄与致します。また4つのサービス(製品サービス・ビフォアサービス・アフターサービス・ワールドワイドサービス)により安心して東日製品がお使い戴けるよう努力しております
◆東日製作所は「日本の優良企業パーフェクトブック2017年度版」※※ の『特集2「世界シェアをリードする注目の中堅・中小企業59」』にて紹介されました。
※2014/3/17発表、経済産業省の「グローバルニッチトップ企業100選」より
※※編集/発行:日経HR、発売:日本経済新聞出版社 ISBN978-4-532-69201-8

次世代型デジタルトルクレンチ
POKAYOKECAM接続状態
CEM4.0+ にJIXY接続状態