本年2018年にはISO26262 第二版が発効し、新たにバスやトラック、オートバイ分野がISO26262の対象に含まれることで、自動車の機能安全規格における安全性/信頼性分析の範囲と重要性は確実に増しています。

同様に、複雑化が進むシステムに対する安全性/信頼性分析の重要性は、自動車以外の航空分野(DO-178)、産業機器分野(IEC61508)や鉄道分野(EN50128)においても高まっています。

これらの状況を鑑み、手間と時間がかかる安全性/信頼性分析作業の飛躍的な短縮化を支援する、機能安全活動向け先進分析ツール medini analyzeに関する実践的なセミナーを開催いたします。

ISO26262 第二版 Part 11では、半導体製品内部の機能安全ライフサイクルが新たに示されています。そのため、今回はハードウェア設計と機能安全分析間でのシームレスな連携という、半導体を設計されている方にも役立つセッションをご用意しました。

また、システムズエンジニアリングやモデルベース開発を支援するANSYS SCADEとの、V字型開発における連携についてのセッションも設けています。

その他、近年"新たなる脅威"としてお客様の関心が高いサイバーセキュリティ領域における、medini analyzeの機能対応に関するセッションや、medini analyzeのユーザー事例発表も予定しております。

本セミナーは、medini analyzeの開発元のCEOであるオラフ・カート博士、ならびにCTO のマーク・ボーン博士による逐次通訳付きのセッションです。
medini analyzeの開発者へ直接ご質問いただいたり、改善要望をご提案いただける絶好の機会ですので、是非ご来場下さい。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

=======================================================
プログラム
=======================================================

■機能安全向けANSYS ソリューションのご紹介と概要
 
機能安全領域のあらまし、機能安全規格との関連におけるツール機能の範囲など

■セーフティクリティカルシステムのエンジニアリング

モデルベースのエンジニアリングおよび安全分析概論

■セーフティクリティカルシステムの定性分析と定量分析

システムレベルでの機能安全分析や、ソフトウェアおよびハードウェアセーフティのための手法とアプローチ

■半導体領域における機能安全分析

ハードウェア設計と機能安全分析間でのシームレスなIP 設計情報の交換など

■自動運転車両の機能安全分析

安全性の課題:限られたセンサーパフォーマンス、意図機能 (Intended Functionality) の安全性、ISO26262とSOTIFのための確率論的安全分析

■セーフティクリティカルシステムの今後の方向性

サイバーセキュリティ脅威分析、分析手法

=======================================================
開催概要
=======================================================

◇日時
・東京会場2018年2月16日(金)
・名古屋会場2018年2月14日(水)
それぞれ10:00~16:00 (受付 9:00~)

◇会場
・東京会場アンシス・ジャパン株式会社 18F セミナールーム
・名古屋会場ウインクあいち(愛知県産業労働センター)

◇定員
各会場 30名

◇参加費
無料(事前登録制)

セミナーの詳細・お申込みは『この PR News の情報をもっと見る』をクリック!