日経ものづくりのお申込みはこちら


日経ものづくりは、グローバル時代の開発・生産を応援します。

挑戦者

新しい製品づくりや構造改革に挑戦する企業トップやキーパーソンへ直撃インタビュー。他ではなかなか語られる ことのない、ものづくりにかける熱い思いをお伝えします。

ものづくりQuiz

クイズ形式でちょっと意外な製品や製造手法の秘密を解き明かします。答えと解説のページを増量して、より分かりやすくご覧いただけます。

事故は語る

どうして事故は起きたのか? なぜ未然に防げなかったのか?事故事例をあらゆる角度から徹底分析し、事故の未然防止・再発防止へと導く好評シリーズ。識者の見解を加え、パワーアップして毎号掲載します。

数字で見る現場

毎号の特集に連動したテーマで読者調査を実施。設計・製造の現場の声をお伝えするとともに、何%のエンジニアがどんな意向を持っているかを数字で示します。

≪≪≪総力特集・連載でますます充実!≫≫≫
設計・生産の現場の視点からものづくりの現場で役立つ情報をお届けします。

「日経ものづくり」では、設計・生産の現場の視点から、今後も充実した特集、新連載を続々と掲載していく予定です。特集では、製品技術、生産技術、IT活用を中心に、自動車・家電・精密・一般機械・工作機械などの最新動向を解説します。新連載・コラムでは、新しい視点による問題解決へのアプローチや、技術者自身のイノベーションを形にする秘訣、そして実際にある製造・生産現場の改善指導など、日々直面する様々な問題の解決方法を詳細に解説します。

【山根一眞と写真が語る「アルマ」電波望遠鏡】
スーパー電波望遠鏡「アルマ(ALMA)」。南米チリ、アンデス山脈のアタカマ砂漠。海抜5000mの高地に設置された、全66台のパラボラアンテナで構成される世界最高の巨大電波望遠鏡です。アルマの開発プロジェクトを1998年から取材、天文学者、アンテナなどを製造したメーカー、町工場の凄腕の職人たちなど100人以上を訪ね歩いたノンフィクション作家の山根一眞氏が、アルマ開発の現場を語ります。
【設計者を目指す若手のための「國井設計塾」予備校】
製造業で働く若手社員を対象に、将来、世界で戦える設計マネージャーになるために必要な条件を伝えます。設計には守備と攻撃を仕掛ける役目があります。設計の攻守両方を熟知し、企業の競争力を高められる設計者になるためには何が必要か。設計コンサルタント、セミナー講師としても著名な國井 良昌氏が、製造業の競争力の源泉とも言える設計部門のマネジメントを担える設計者を育成するための方策を語ります。
【世界が驚く日本の微細加工技術】
国内の中小の部品加工事業者が有する世界最高レベルの微細加工技術の全体像を体系的かつ網羅的に解説し、実際に加工を請け負えるサプライヤーまで含めて紹介します。10年以上の長きにわたり、中小規模の部品加工事業者へのコンサルティングを専門に続けてきた著者により活きた情報を提供します。
【トヨタ流人づくり あなたの悩みに答えます
皆さんの悩みに関してトヨタ自動車流の解決方法を回答します。同社で長年生産技術部門の管理者として多数のメンバーを導き、その後、全社を対象とする人材育成業務にも携わった経歴を持つ肌附安明氏が、皆さんの現場で参考になる実践的で具体的な解決策を提供していきます。

この機会に、ご自身の1冊として、「日経ものづくり」をご購読ください。

「日経ものづくり」の定期購読をお申し込みいただくと、
3大特典のチャンス 《 7月末日まで!

特典1

「日経ものづくり」最新号プレゼント!

「日経ものづくり」最新号

7月号の読みどころ

ドイツ製造業の強さを支える研究所

 2018年7月号の日経ものづくり。特集1は「独フラウンホーファーの研究力」です。

 海外の製造業の動向や、オープンイノベーションに詳しい方なら、ドイツのフラウンホーファー研究機構の名前は…続きを読む

ドイツ製造業の強さを支える研究所

 2018年7月号の日経ものづくり。特集1は「独フラウンホーファーの研究力」です。

 海外の製造業の動向や、オープンイノベーションに詳しい方なら、ドイツのフラウンホーファー研究機構の名前はご存じかも知れません。今号の日経ものづくりではドイツの製造業の強さを支える存在ともいわれる巨大な研究機構の実態を探りました。

 フラウンホーファーは全部で72の研究所で構成される欧州最大の応用研究機関です。その最大の特徴は政府が研究資金を一部を供出する官営の研究機関でありながら、総研究費の実に1/3を民間企業から調達。民間企業と大学などの基礎研究機関をつなぐ応用指向の研究開発を、現在進行形で多数実践している点です。

 いわゆる「オープンイノベーション」を主導して基礎研究と企業の実用開発を効率的に連携させているほか、ドイツが進める産業振興策「インダストリー4.0」でも重要な役割を担っています。さらにドイツ各地域の中小の製造企業に新技術を積極的に導入する役割を果たすなど、ドイツの製造業の強さをウラから支える存在です。

 実は日本企業からの注目も高く、オープンイノベーションを学ぶため、米国シリコンバレーと並び定期的に訪問する企業もあるほど。どうしてそんなことができるのか? 記者が現地に飛び、多数のロングインタビューを含む取材を敢行してその秘密の一端を解き明かしました。

 巻頭のインタビュー「挑戦者」もフラウンホーファー研究機構の研究所の1つ、レーザー技術研究所(ILT)の所長で、アーヘン工科大学 教授でもあるラインハート・ポプラーヴェ氏に話を聞いています。産学連携のイノベーションを生むフラウンホーファー独特の運営形態がなぜうまく機能するかなど紹介しています。特集1と併せてぜひお楽しみ下さい。

 特集2は「自動運転のその先へ、心地良さを支える技術 『人とくるまのテクノロジー展2018 横浜』」です。5月末にパシフィコ横浜(横浜市)で開催された、自動車関連部品などの総合展示会をレポートします。毎年、数年後を見据えた技術が披露される展示会ですが、今回は現在のトレンドである「クルマの電動化」「自動運転」の導入後を見据えた展示が目立ちました。

 好評の「ものづくりQuiz」は今回、「杜仲茶が新素材に、出来た製品とは?」。健康茶として人気がある杜仲茶のタネを原料にした新素材を開発、実用化に成功した企業が現れました。現在は機械・プラントを本業とする日立造船です。どんな材料で何ができたのでしょうか?

 日経ものづくりは、ものづくりの業務に役立つ様々な切り口とジャンルの情報を集めて読者にお届けする所存です。ぜひお力添え下さい。

日経ものづくり編集長 山田剛良

特集1

独フラウンホーファーの研究力
  • 図 解
    フラウンホーファー研究機構の全貌
  • Part 1 総論
    基本ルールは産業ニーズ主導
  • Part 2 産学連携
    基礎研究と応用のギャップを埋める
  • Part 3 先端技術
    唯一無二の技術力で世界から依頼
  • Part 4 地域振興
    産業クラスターで中小企業を強化
  • Part 5 境界領域
    経済や労働環境も研究テーマ

特集2

  • 自動運転のその先へ、心地良さを支える技術
    「人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」報告

挑戦者

  • 「所長にして教授、故に産学連携の核に」
    ラインハート・ポプラーヴェ
    フラウンホーファー研究機構 ILT所長 アーヘン工科大学 教授

事故は語る

  • 整備不良でエレベーターが異常挙動、摩耗粉がブレーキの動作の障害に

他にも数多くのものづくりに役立つ情報が満載!

2018年7月号の内容はこちら

特典2

デジタル特別編集版
「ものづくりQuiz」プレゼント!

あなたはいくつ分かる? ちょっと意外な製品や製造手法

デジタル特別編集版「ものづくりQuiz」プレゼント!」
  • 【目次】
    水中用お掃除ロボットはどうやって船体にしがみつくのか?
    手で持てる超小型洗濯機「コトン」 衣類に接する先端部の動作とは? ほか
    ※PDF版はお申し込み後、すぐにダウンロードして読めます。 詳細はこちら
特典3

デジタル特別編集版
「トヨタ 止まらない進化」プレゼント!

トヨタ自動車が挑む、ものづくりの変革に迫る

デジタル特別編集版「ものづくりQuiz」プレゼント!」
  • 【目次】
    [Part1]総論
     危機感が駆り立てる『ものづくり革新』 研究開発、設計、生産、全てを変える
    [Part2]トヨタ自動車 豊田章男社長 インタビュー
     “改善魂”をつなげれば改革になる ほか
    ※PDF版はお申し込み後、すぐにダウンロードして読めます。 詳細はこちら

「日経ものづくり」と同時申込がお得! 毎月100本の新着有料記事が読み放題

日経xTECH有料会員

自動運転、FinTech、デジタルものづくり、i-Construction…「日経 xTECH」は、ITから電子・製造、建築・土木に関わる横断的な技術とビジネスの情報を、専門記者120人が徹底解説するウェブサービスです。毎日70~100本、年間約2万本のオリジナル記事と日経BP社の技術誌9誌がすべてHTMLでお読みいただけます。

さらに毎月100ページ!計10誌の情報がPDFで保存可能!

製造分野・自動車・エレクトロニクスの専門情報誌にITや建設分野の専門情報誌を加えた9誌の膨大な記事データベースから必要な記事を検索し、毎月100ページ(PDF形式)までダウンロードできます。※2002年以降掲載された記事が対象。

お申し込みは今すぐ!特典締切:2018年7月末日

日経ものづくり+日経xTECH【有料会員】セットお申し込みはこちら   日経ものづくり のみの
お申し込みはこちら
※特典の贈呈は上記URLから、7月末日までにお申し込みの方に限らせていただきます。
※ご購読の開始は、次号(2018年8月号)からとなります。