日経エレクトロニクスのお申込みはこちら

特典1

 デジタル特別編集版
「電池から新材料まで!デバイスウォーズ最前線」
      プレゼント!

デジタル特別編集版「電池から新材料まで!デバイスウォーズ最前線」プレゼント!」

全個体電池や全樹脂電池、マイクロLEDや深紫外LED、EUV(極端紫外線)リソグラフィーを用いた半導体製造技術、SiCベースのパワー半導体、人工光合成など、革新的なデバイスや製造技術が相次ぎ登場しています。こうした新型デバイスや次世代製造技術の最新動向を、日経エレクトロニクスの記事から集めました。この別冊で新型電池から新材料製造技術まで、これから実用化ラッシュを迎える新時代の要素技術をお読みいただけます。

期間限定今なら試し読みOK!※PDF版はお申込み後、すぐにダウンロードして読めます
目次以下の記事もお申込み後、すぐに読めます 別ウィンドウで開きます
特典2

 デジタル特別編集版
「AIスピーカーからブロックチェーンまで!
      IoTイノベーション」プレゼント!

デジタル特別編集版「電池から新材料まで!デバイスウォーズ最前線」

IoT(Internet of Things)の応用拡大が続いています。AIスピーカーの相次ぐ製品化、耳に装着する超小型コンピューター「ヒアラブル端末」の市場立ち上がり、「触覚フィードバック」機能の普及、AR(拡張現実)の技術進展、ブロックチェーンへの高まる期待など、イノベーションを生み出すような破壊的なムーブメントを、日経エレクトロニクスの記事から集めました。この別冊でハードウエアからソフトウエアまで、そしてUIからセキュリティーまで、IoTイノベーションの最新トレンドをお読みいただけます。

期間限定今なら試し読みOK!※PDF版はお申込み後、すぐにダウンロードして読めます
目次以下の記事もお申込み後、すぐに読めます 別ウィンドウで開きます
特典3

「日経エレクトロニクス」最新号プレゼント!

「日経エレクトロニクス」最新号

7月号の読みどころ

蓄電池社会がやってくる、ウーバーが描く「空の電動化」、ここまできた5G標準化

 梅雨空のうっとうしい季節になりました。日経エレクトロニクス2018年7月号をお届けします。今号の特集は夏に備えてエネルギーをテーマにしました。具体的には…続きを読む

蓄電池社会がやってくる、ウーバーが描く「空の電動化」、ここまできた5G標準化

 梅雨空のうっとうしい季節になりました。日経エレクトロニクス2018年7月号をお届けします。今号の特集は夏に備えてエネルギーをテーマにしました。具体的には「蓄電池」です。

 「電力はためられない」――何を当たり前のことを、と思われるかもしれませんが、それが変わろうとしています。大型の蓄電池が街中にあふれ、太陽光発電など再生可能エネルギーの電力をためて、そして使う時代が近づいているからです。既に太陽光発電は余剰分が問題になっています。それがためられるとなれば、電力の大量生産、ひいてはコモディティー化が進みます。すると、電力をどんどんと使うことが、浪費から消費へと変質します。その先には電力単価が限りなくゼロに近づいていきます。そうなると何が起こるのか。

 ここでアナロジーを感じるのが、通信の世界におけるブロードバンド化です。有線に続き、無線も高速・大容量化が進み、ビット単価が急激に低下しました。その結果、YouTubeのような動画配信やLINEのようなSMSサービスが爆発的にはやり、それを楽しめる端末としてスマートフォンが従来型の携帯電話機を駆逐しました。通信事業者に代わって、Googleに代表される新たなプレーヤーが破壊と創造がもたらしました。

 電力の世界でも、新たなサービスと新たなプレーヤー、そして新たな市場がもたらされる気がしてなりません。その実現に向けたメガバッテリーやVPP(仮想発電所)が続々生まれ、肝心要の電池の価格は材料コスト1/100の技術が登場しました。特集「到来!蓄電池社会」をぜひご覧ください。

 解説のテーマは、最近の日経エレクトロニクスで定番となりつつある電動化、それも空(航空機)が対象の電動化です。ウーバー(Uber)が米国で開催した自社イベントを現地取材し、講演や展示のポイントを紹介しました。登壇したキーパーソンの所属や出身がバラエティーに富んでいることに驚かせられました。解説「超高出力モーターで垂直離陸、『空の電動化』をウーバーが主導」をご一読ください。

 今回の基礎講座は2本立てです。新しく始まった講座のシリーズタイトルが「ここまできた5G標準化」です。最初に日経 xTECHに掲載した寄稿講座を日経エレクトロニクス本誌に転載した記事ですが、最新の情報に合わせて内容の一部を更新しています。具体的には5G標準仕様策定が完了した点を盛り込みました。この6月に決まることは想定済みだったので、ちょうどタイミングを合わせることができました。もっとも仕様の詳細には踏み込めていないので、この基礎講座「フェーズ1完成で商用化へ大きな一歩、5G NRの概要を押さえる」で基本を読まれてから、正式仕様に当たることをおすすめします。

 このほかにも、100Gビット/秒を実現したNTTの新しい空間多重技術、ロームによる新発想の電源回路、「SID 2018」や「人とくるまのテクノロジー展2018」からの速報といったニュース記事も7月号に掲載しました。ご意見、ご感想、お待ちしております。(編集長)

特集

到来!蓄電池社会
  • 電力をためられる社会の衝撃、「省エネは美徳」が終焉へ
  • メガバッテリーやVPPが続々、2020年前半にも導入加速
  • 仮想発電所が多数出現へ、電力、IoT、EV、AIが融合
  • どこまで下がる電池の価格、材料コスト1/100の技術登場

解説

  • 超高出力モーターで垂直離陸、「空の電動化」をウーバーが主導
  • [人とくるまのテクノロジー展2018速報]センサー、電池、パワエレで競演

Hot News

  • [SID 2018速報]進化するVR/ARディスプレー、GoogleやLG、Samsung披露
  • ロームが新発想の電源回路、車載蓄電池の昇降圧を効率化
  • NTTが新しい空間多重技術、まずは100Gビット/秒実現
  • 海賊版サイトのブロッキング、実施したNTT、相談していたカドカワ

「日経エレクトロニクス」と同時申込がお得! 毎月100本の新着有料記事が読み放題

日経xTECH有料会員

自動運転、FinTech、デジタルものづくり、i-Construction…「日経 xTECH」は、ITから電子・製造、建築・土木に関わる横断的な技術とビジネスの情報を、専門記者120人が徹底解説するウェブサービスです。毎日70~100本、年間約2万本のオリジナル記事と日経BP社の技術誌9誌がすべてHTMLでお読みいただけます。

さらに毎月100ページ!計9誌の情報がPDFで保存可能!

エレクトロニクス・自動車・製造分野の専門情報誌にITや建設分野の専門情報誌を加えた9誌の膨大な記事データベースから必要な記事を検索し、毎月100ページ(PDF形式)までダウンロードできます。※2002年以降掲載された記事が対象。

いま、定期購読をお申し込みの方に、3大特典をプレゼント!

特典締切:2018年7月19日(木)

日経エレクトロニクス+日経xTECH有料会員のお申込みはこちら 日経エレクトロニクス のみの
お申し込みはこちら
※ご購読の開始は、次号(2018年8月号)からとなります。