サービス概要

NEWS連載「技術士一直線2018」「2018年版 合格指南」の公開スケジュール 決定

2018年度も技術士第二次試験の筆記試験は「択一式+記述式」。
2017年度同様、「択一式」で“足切り”が実施されます。
「日経コンストラクション技術士試験対策」で万全の準備を!

関連記事 18年度も択一式、技術士試験の改正は19年度以降に

「日経コンストラクション技術士試験対策」は、建設・土木の総合情報誌「日経コンストラクション」が運営する技術士第二次試験建設部門対策用の有料会員サービスです。「日経コンストラクション」定期購読者、もしくは「日経 xTECH(クロステック)」有料会員の方のみ、お申し込み・ご利用いただけます。

日経コンストラクション技術士取得支援サイト上の「限定コンテンツ」の閲覧、および技術士第二次試験択一式問題を繰り返し学べる「e-ラーニング」をご利用になれます。

「限定コンテンツ」は、合格に欠かせないノウハウや試験対策コンテンツを、過去に配信したコンテンツも含めご覧いただけます。

「択一式対策e-ラーニング」は、2013~2017年度までの想定問題と実施問題(本試験問題)をご利用いただけます。

「技術士」合格に向け、本サービスをどうぞご活用ください。

技術士取得支援サイトはこちら

日経コンストラクション技術士取得支援サイト

合格に欠かせない「ノウハウ」や「試験対策コンテンツ」が満載!

主なコンテンツ

お申し込み後、すぐに閲覧いただけます。

  • 試験関連情報
  • 合格指南
  • 最新キーワード
  • 択一式対策
  • 連載 技術士一直線
  • 過去問題と解説(択一式/記述式)

※収録内容はこちら

2018年度「新コンテンツ」の配信スケジュール
  • 2018年2月 「技術士一直線2018」連載開始
    • 第1回 2018年度の受験対策(2月26日号)
    • 第2回 受験申込み書の書き方(3月26日号)
    • 第3回 国土交通政策の読み方(1)(4月23日号)
    • 第4回 国土交通政策の読み方(2)(5月28日号)
    • 第5回 直前対策(6月25日号)
    • 第6回 試験当日の対応と、直後の行動(7月9日号)
    • 第7回 今年度の筆記試験の解説(8月27日号)
    • 第8回 口頭試験対策(建設部門)(10月22日号)
    • 第9回 口頭試験対策(総合技術監理部門)(11月12日号)
  • 3月 「2018年版 合格指南」ウェブ公開開始
    3月8日 第1章 出題傾向と勉強方法
    (出題内容と傾向/筆記試験の勉強方法/受験科目を選ぶにあたって)
    3月15日 第2章 業務経歴票の書き方
    (受験申込書の作成時の注意点/業務経歴票の記入方法)
    3月22日 第3章 択一式への対処法(1)
    (出題範囲と傾向)
    3月29日 第3章 択一式への対処法(2)
    (勉強方法/想定問題と解説)
    4月5日 第4章 記述式論文の書き方(1)
    (論文構成と記述内容)
    4月12日 第4章 記述式論文の書き方(2)
    (受験者の「系」に合わせた勉強方法)
    4月19日 第4章 記述式論文の書き方(3)
    (科目別の出題予測とポイント:土質基礎/鋼コンクリート/都市計画/河川砂防/港湾空港/電力土木)
    4月26日 第4章 記述式論文の書き方(4)
    (科目別の出題予測とポイント:道路/鉄道/トンネル/施工計画/建設環境)
    5月10日 第5章 文章作成ルールを再確認しよう
    (文章作成のルール/わかりやすい文章を書くために/わかりやすい答案を書くために)
    8月2日 第6章 口頭試験対策
    (受験申込書の作成から筆記試験まで/筆記試験から口頭試験まで/口頭試験の試問内容/口頭試験の心構えと注意事項/想定質問と答弁における留意点)
  • 5月 「2018年版 択一式対策 厳選100問」ウェブ公開開始
  • 5月  2018年度択一式想定問題をe-ラーニングで
  • 7月 「2018年版 最新キーワード100」ウェブ公開開始
  • 8月下旬~ 2018年度試験を分析
  • 11月 2018年度筆記試験の結果を分析
  • 2019年3月 2018年度試験の最終結果を総括

※上記は予定です。変更となる場合があります。

択一式対策e-ラーニングの概要

2013~2017年度の5年分の「想定問題」と「実施試験問題(本試験問題)」を収録。
問題を解きながら、充実した解説で関連知識も習得!(有料会員限定)

収録コンテンツ

  • 2013~17年度の想定問題
  • 2013~17年度の実施試験問題

※全問題に解答・解説が付きます。

2013年度からの改正に対応した想定問題

新方式に対応するために幅広い分野の多数の想定問題 をご用意しました。毎回の試験では本番と同様に20問ずつ、ランダムに出題されます。受験回数は無制限です。

※ 本コースの問題のうち一部は「模擬試験(無料)」と共通の問題です。想定問題は各年度100問ずつ収録してあります。

解説・関連記事で受験に必要な知識を習得

すべての問題に解説が付きます。また、ほとんどの解説文に出題の原典へのリンクを付けましたので、受験対策に必須の情報を効率よく収集し、知識を深めるのに役立ちます。

受講履歴を確認し計画的に学習できる

学習履歴画面で採点結果や出題分野別正答率などが確認できます。自分の得意な分野や苦手な分野が把握でき、学習スケジュールを計画的に立てることができます。

推奨動作環境

こちらをご覧ください。

  • ※本サービスの問題は、日経BP社発行の書籍から、出題の可能性が高いと考えられる分野やキーワードに着目して問題を選定し、e-ラーニング化したものです。
  • ※本サービスで取り上げた問題の一部は、書籍「技術士第二次試験建設部門 択一式対策厳選100問」「技術士第二次試験建設部門合格指南」「国土交通白書の読み方」シリーズに掲載した問題の一部と同一です。

会員申込はこちらから

日経コンストラクション技術士試験対策

月会費 本体2,000円+税

お申込月は無料です!※お申し込みの翌月の月初より有料となります。

  • ※サービスを初めてお申し込みいただいた月は、当月末日まで利用料金が無料になります。
  • ※無料期間のみご利用されての解約はお受けできません。お申し込みの方は、最低1カ月分の会費が発生しますので、ご了承のうえお申し込みください。
    (有料期間初月の会費引去後は、ネット上での解約手続きが可能になります。)
  • ※「日経コンストラクション技術士試験対策」は登録認証基盤として日経IDを利用しており、「日経ID利用規約」および「日経コンストラクション技術士試験対策利用規約」を必ずお読みいただき、ご同意の上お申し込みください。

本サービスは「日経コンストラクション定期購読者」「日経 xTECH(クロステック)有料会員」のための会員限定サービスです (旧「ケンプラッツ・プレミアム」「日経アーキテクチュア・プレミアム」会員で継続してご利用中の方も引き続きご利用いただけます)。本サービスの会費は、別途かかります。いずれの会員でもない方は、「日経コンストラクション定期購読」または「日経 xTECH(クロステック)有料会員」にお申し込みのうえ、当サービスへお申し込みください。

日経コンストラクション定期購読者
日経 xTECH(クロステック)有料会員(雑誌セット)の方

日経コンストラクション技術士試験対策

月会費 本体2,000円+税

日経 xTECH(クロステック)有料会員(雑誌セット以外)の方

日経コンストラクション技術士試験対策

月会費 本体2,000円+税

  • ※「日経コンストラクション技術士試験対策」の月会費は本体2,000円+税となります。
    会費や規約等について必ずご確認いただいたうえでお申し込みください。
  •  上記とは別に、「日経コンストラクション定期購読」「日経 xTECH(クロステック)有料会員」などの購読料金または会費が必要です。なお、それぞれのサービスの購読料金、会費等のご契約内容は現状のものが引き継がれ、今回のお申し込みで変更されることはありません。
  • ※「日経ID」「日経コンストラクション定期購読」「日経 xTECH(クロステック)有料会員」などを退会または解約すると、本サービスのすべてまたは一部のコンテンツが利用できなくなります。その場合でも、お客様が、「日経コンストラクション技術士試験対策」を解約されない限り、課金が継続しますので、ご注意ください。
●お支払い方法

月会費制で、クレジットカードによる月次払い(毎月の自動更新)となります。

ご利用いただけるクレジットカード

VISA、MASTER、JCB、UC、DC、NICOS、DINERS、UFJ、セゾンの計9種類

VISA MasterCard JCB UC DC Diners Club International Nicos UFJ Card SAISON CARD INTERNATIONAL

※クレジットカード番号を入力していただくページもSSLに対応していますので、クレジットカード番号などの情報は暗号化されて送信されます。

●解約

日経BP書店にて、こちらよりお手続きください。

※本サービスの会費は、「日経コンストラクション定期購読」「日経 xTECH(クロステック)有料会員」等とは別のサービスとして毎月1日に課金されます。
上記サービスだけを解約しても、本サービスの解約とはなりませんのでご注意ください。また、本サービスだけを解約しても、上記サービスの解約とはなりません。
解約される際は、それぞれのサービスごとに手続きを行ってください。