テクノロジーNEXT 2018 15B全産業 新世代電池

15B全産業 新世代電池 2018年6月15日(金) 10:00~16:30

革新的電池が巻き起こすEVイノベーションウエアラブルから飛行機まで、あらゆる人工物が電動化する

 電解液のない全固体電池など革新的な新型電池が相次ぎ登場している。“満電”まで5分の超高速充電、くぎを打っても発火しない安全性、折り曲げ可能など形状自由な柔軟性、そして電子部品のように製造・実装できる量産性を実現できる。ウエアラブル端末やスマートフォンといった小型のスマートデバイスから、EV(電気自動車)や電動飛行機などのモビリティー(移動手段)、住宅向けや大型蓄電所向けの蓄電システムまで、電気で動くあらゆる人工物を一新する。例えば5分の超高速充電は現在30分必要なEVの待ち時間をガソリン車並みに短縮する。高い安全性は例えばビルや住宅の建材の一部として埋め込むことを可能とし、また高い柔軟性は機器のデザインの自由度を大いに高める。そして、電子部品と同等レベルに引き上がる量産性によって、EV普及のボトルネックを解消する。もっとも、どの新型電池にもメリットとデメリットがあり、表層的な特徴を理解しただけでは、市場の方向性を見誤る。本セミナーでは、新型電池の開発者とその応用システムのエンジニアが、卓越した性能と実用化に向けた課題、応用市場のポテンシャルを浮き彫りにする。

開催概要

開催日時 2018年6月15日(金) 10:00~16:30(開場 9:15予定)
会場 ベルサール御成門タワー(東京・御成門)
東京都港区芝公園1-1-1 MAP ↗

プログラム

10:00 - 10:05

ご挨拶

日経エレクトロニクス編集部

10:05 - 10:55

全固体電池技術の神髄と未来のクルマ社会

これまでLiイオン電池はスマートフォンなど主にモバイル機器の小型軽量電源として成長してきたが、ここにきてEV(電気自動車)など車載分野に向けて急展開している。そんな中、高イオン伝導度を有する硫化物系固体電解質が発見され、全固体電池が実際に試作されるようになった。その結果は従来の常識を覆すものだった。本講演では全固体電池を含めてさらに進化するLiイオン電池の動向と、それがもたらすクルマの電動化と、AI(人工知能)とIoT(モノのインターネット)の3つが融合して生まれる未来のクルマ社会「AIEV」(Artificial Intelligence Electric Vehicle)を紹介する。

吉野 彰 氏

旭化成
名誉フェロー
吉野 彰

11:00 - 11:50

航空産業に革新をもたらす電動化――静かな旅へ、エアバスが描くシナリオ――

EC(欧州委員会)は航空業界が2050年に実現すべき姿として「Flightpath 2050」を打ち出している。これは2050年までに「CO2の60%削減」「NOxの90%削減」「騒音の75%削減」を目指すもので、現在の技術では実現不可能である。そこでフランスAirbus(エアバス)は数億ユーロを投じて航空機の電動化とハイブリッド推進の研究開発に取り組んでいる。これは航空機を再定義して全く新しいデザインを生み出すことになる。同社は小型機から大型機までさまざまなタイプの機体で電動化を進めている。例えば短距離・都市間の小型機では1~4人乗りのフル電動化VTOL(垂直離着陸)機「Vahana」「CityAirbus」、大型機ではフル電動化へのステップとしてハイブリッド型旅客機をそれぞれ開発中である。同社で電動化の研究開発を主導するGeneral Manager, Electrification CTOのGlenn Llewellyn氏が電動航空機のシナリオを語る。

Glenn Llewellyn 氏

フランス Airbus(エアバス)
General Manager, Electrification CTO
Glenn Llewellyn

※このセッションは同時通訳が入りますので、日本語で聴講いただけます。

12:50 - 13:40

EV普及に向けた超急速充電、長寿命な次世代二次電池

東芝が開発を進めている、充放電サイクル寿命や安全性を高めたLiイオン2次電池「SCiB」は2011年にホンダの「フィットEV」に搭載された。そこから7年かけて、入力密度と体積エネルギー密度を高めた「次世代SCiB」を開発した。ドイツで設置が始まりつつある出力350kWの充電器を使えば6分で90%の充電が完了し、EVの利便性を大幅に高めることができる。加えて次世代SCiBでは充放電サイクル寿命をさらに伸ばすことができる。将来のEVの本格普及のため、電池材料の資源を有効に活用しなければならない。そのために電池の残価価値を高め、EVの中古市場の拡大と電池リユースを推進できる耐久性能に優れた次世代SCiBが期待される。同社の開発者が次世代SCiBの実力と今後の展望を紹介する。

高見 則雄 氏

東芝
首席技監
高見 則雄

プロフィール
1988年 東京理科大学大学院 理工学研究科 博士課程修了、工学博士、同年 ㈱東芝 総合研研究所 化学材料研究所 勤務。現在、㈱東芝 研究開発センター、首席技監、次世代二次電池の研究開発に従事。2001年「リチウムイオン電池の高性能炭素負極材料の開発・実用化」で電気化学会技術賞・棚橋賞受賞、2017年「チタン酸リチウム負極を用いた大型二次電池の研究と実用化」で加藤記念賞受賞
13:40 - 14:30

未来の人工物を支える全樹脂電池 (LSiP) 形状自由でくぎを打っても発火しない全樹脂電池、未来の人工物を刷新

本講演では画期的な新型Liイオン2次電池である「全樹脂電池」を解説する。電池の主な構造体(電極、集電体、セパレーター)に金属を一切使うことなくすべてを樹脂で構成する。折り曲げられるような自由な形状の電池を造れる。また、くぎを打っても発火する危険のない高い安全性を持つため、一般住宅の建材の一部としても活用できる。加えて、製造時の乾燥・加圧工程を省くことが可能なので、生産プロセスの簡素化とそれによる生産性の大幅な向上が期待できる。このような全樹脂電池がもたらすのは、EV(電気自動車)をはじめとする電動モビリティー(移動手段)、人が身に付けるスマートデバイス、人と協調する各種ロボット、大型発電所と結び付いた大型蓄電所など、数々の新機能を持った人工物である。その未来図も紹介する。

堀江 英明 氏

慶應義塾大学
特任教授
堀江 英明

14:50 - 15:40

再生可能エネルギーの大量導入時代の到来によって広がる次世代電池の役割

わが国では、太陽光発電を中心に再生可能エネルギー電力の大量導入が進んでいる。近い将来、風力発電等の導入も進めば、再生可能エネルギー電力が基幹電源となる時代もそう遠くはない。現在、これらの電源の多くは電力系統に接続されているため、大規模な需給バランスの調製や周波数変動等の抑制のため大型蓄電池なども利用した電力システム強化が試みられている。一方、ポストFITや再生可能エネルギーの地産地消の観点からも、今後蓄電池の役割はますます広がると考えられる。本講演では、再生可能エネルギーの大量導入時代に向けた電池の役割について展望する。

瀬川 浩司 氏

東京大学
大学院総合文化研究科広域科学専攻広域システム科学系・教授
瀬川 浩司

プロフィール
平成元年 京都大学博士課程修了(工学博士)、京都大学助手、東京大学助教授を経て平成18年 東京大学先端科学技術研究センター教授、平成28年より現職。平成22年~28年 東大先端研附属産学連携新エネルギー研究施設長、平成24年~現在 東京大学教養学部附属教養教育高度化機構環境エネルギー科学特別部門長。平成21年~26年内閣府最先端研究開発支援プログラム(FIRST)中心研究者、平成27年~現在 NEDO「ペロブスカイト系革新的低製造コスト太陽電池の研究開発」プロジェクトリーダー。第2回ソーラーアワード(テクノロジー部門)受賞。
15:40 - 16:30

仮想発電所(VPP)実現に向けた高安全、長寿命な大型リチウムイオン電池の開発と車載用電池への技術展開

世界的に太陽光発電や風力などの再生可能エネルギーの導入が加速する中、系統安定化対策が課題となっており、リチウムイオン電池による蓄電システムを束ねた仮想発電所(VPP)のニーズは高まっている。社会の中に蓄電システムが本格導入されるためには電池の安全性確保は不可欠である。当社は創業以来電力貯蔵用途に求められる安全性、広い動作温度特性、寿命に優れた大型リチウムイオン電池を開発してきた。本講演では当社定置用リチウムイオン電池の実力とVPPへの取組み状況を報告する。また、その電池技術を活用した車載用電池への展開についても紹介する。

河上 清源 氏

エリーパワー
代表取締役専務執行役員 CTO(最高技術責任者)
河上 清源

プロフィール
慶應義塾大学大学院助手、講師を経て、現在。約10年間電気自動車の開発に従事し、2003年に慶応大学が中心となって開発した8輪駆動の電気自動車「エリーカ」の設計を担当。主に駆動システム、制御システムの開発に従事。2004年に大型リチウムイオン電池の実用化と普及をめざして発足した慶応大学と民間12社から成る産学連携プロジェクトに従事し、2006年9月にエリーパワー株式会社の創業に携わる。2008年に同社取締役に就任、2011年に慶應義塾大学を退職、2015年に現役職の代表取締役専務執行役員に就任。
  • ※途中、休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

お申し込み

受講料:49,800円(税込)

注意事項

※昼食付きです。
※満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
クレジットカード支払いの方には、後日、受講券をご郵送いたします。

■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。

■最少開催人員:
50名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。