世界の大手自動車メーカーが、自動運転車の実現に向けて、高速大容量通信「車載Ethernet」の採用を本格化させています。BMW社やJaguar社、Volkswagen社といった欧州勢に加えて、日系大手自動車メーカーも車載Ethernetの採用に前向きです。クルマが外部と5Gなどで常時接続することで、自動運転における安全性が高まるのはもちろん、車内では大容量コンテンツや新サービスを自然に楽しめるようになります。こうした「コネクテッドカー」を実現する上でも、車載Ethernetが重要な役割を果たすでしょう。

 車載ネットワークをEthernetで構成すれば、IPベースでデータをやり取りできます。すると、外部ネットワーク、すなわちクラウド側との連携がより容易になり、コネクテッドカーを実現しやすくなるのです。しかも、5Gの普及が始まれば、クラウド側との連携はより高速に、そして大容量のデータをやり取りできるようになります。将来は、スマートフォンのアプリのように、所望する機能を外部ネットワークからダウンロードして新機能やサービスを追加する「Plug and Play(プラグ・アンド・プレー)」を実現できます。すると、自動運転時代の新しい自動車サービスの展開も容易になるでしょう。

 このように、将来のクルマに適した車載Ethernetですが、Ethernetを車載LANに広く活用するには、通信のリアルタイム性やフェイルセーフの確保など自動車ならではの要求を満たす技術を盛り込む必要があります。その技術開発や、仕様を策定する動きが進んでいます。加えて、クラウド側との連携が加速するため、セキュリティー対策も入念に講じる必要があります。

 そこで本イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向や、セキュリティー対策、クラウド連携に関する話題をピックアップします。大手自動車メーカーや車載部品メーカーをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘して講演していただきます。

 また、車載Ethernetに取り組む企業から最新のデモンストレーションを展示スペースにて実演していただきます。2日間の開催ですが、初日終了後には、より深い知識の共有と情報交換などができる交流会を実施いたします。皆様のご参加をお待ちしています。

開催概要

名称 自動運転の切り札、車載Ethernet
~クラウド、V2Xから車載ECUまで高速大容量、セキュアに~
開催日時(1日目) 2018年6月25日(月)
10:30~17:55(9:45受付開始予定/10:00開場予定)
交流会 18:10~19:50
開催日時(2日目) 2018年6月26日(火)
9:30~17:20(9:00開場予定)
会場 京都市勧業館みやこめっせ (京都市・左京区)
京都市左京区岡崎成勝寺町9-1(二条通東大路東入) MAP ↗
主催 日経エレクトロニクス / 日経Automotive
後援 JasPar
協賛 CETITEC、マーベルジャパン、Microchip Technology、NXPジャパン、
リアルテック・セミコンダクター、東陽テクニカ、ベクター・ジャパン、
ウィンボンド・エレクトロニクス、矢崎総業
協力 京都市/京都文化交流コンベションビューロー

プログラム

1日目 ― 6月25日(月)
10:30 - 11:20
JASPARが進める車載Ethernet最新技術と業界動向について
~Ethernetセキュリティと今後のSDNベース・アーキテクチャ~
後藤 英樹 氏

JASPAR
次世代高速LAN WG 主査
(トヨタ自動車 電子プラットフォーム開発部 車載セキュリティ開発室 グループ長)
後藤 英樹

11:25 - 12:10
JASPARが進める1Gbit/s Ethernetの実装に向けた取り組み

JASPAR
次世代高速LAN WG
(マツダ 統合制御システム開発本部 アシスタントマネージャ)
河渕 量平

12:10 - 13:00

昼休み

13:00 - 13:40
車載Ethernetソリューションとサービス指向アーキテクチャー

自動車の電動化、自動運転、外部ネットワークとの接続などに対する要求が、車載ネットワークやE/Eアーキテクチャーに大きな変化や影響を与えています。それらの要求に対応するために車載Ethernetが導入され、車載にもサービス指向のアーキテクチャー(Service-Oriented Architecture: SOA)の導入が検討されています。
ベクターの開発ツールや組み込みソフトはすでに車載Ethernetに対応しています。また、新たにネットワーク開発ツールでもサービス指向の通信に対応をしました。ベクターの車載Ethernetソリューションとネットワーク開発ツールを用いたサービス指向の通信シミュレーションを紹介します。

苗字 名前 氏

ベクター・ジャパン
開発ツール部 シニア フィールドアプリケーション エンジニア
竹本 順一

13:45 - 14:30
自動運転時代に求められる車載へフォーカスしたデンソーのEthernet技術

近年、自動車は安全性向上、利便性向上のためADAS(先進運転支援システム)や自動運転などの技術開発が加速している。それに伴い我々が設計する将来アーキテクチャーも車両電子システムの高度化に対応すべく、バックボーン含めEthernetの適用範囲は広がり、Ethernetは非常に重要な役割を果たす通信と考える。本講演では、車載ならではの通信品質要件を満たす、車載Ethernetの信頼性向上の取り組みを紹介する。

加来 芳史 氏

デンソー
基盤ハードウェア開発部 車載通信技術開発室
加来 芳史

14:30 - 14:45

休憩

14:45 - 15:25
車載イーサネットの世界は10Mbpsから10Gbpsに至るまで!

イーサネット(Ethernet)技術はこの5年間で従来の企業や産業分野から自動車用途へと大きく裾野を広げてきています。この流れは自動車に対して新しい機能や仕組みを搭載するときに、機器の間で行う通信の帯域幅を増やさなければならないという需要から生じたものです。OEM各社が実際の車輌へイーサネットを実装しやすいように、自動車業界の厳しい電気的要件を満たすことのできるシングルペアのワイヤで動作する特定のPHYが開発されました。
イーサネットPHYを担当する標準化団体であるIEEEでは、100BASE-T1(IEEE802.3bw)と1000BASE-T1(IEEE802.3bp)の確定仕様を発表しました。エンタープライズや産業市場でイーサネットが成功した理由の一つとして、より高いプロトコル層を実装したことが挙げられるでしょう。事実これらの上位レイヤーは、物理インターフェイスの速度が例えば100Mbpsであろうが1000Mbpsであろうが関係はなく、すべて同じ仕様です。
この技術的な普及要因は、自動車にもたいへんよく当てはまり、他の分野と同じくフルIPベースのネットワークを構成することができるのです。このネットワークでは、データ圧縮を使用するカメラシステムなら100Mbps、、一方でネットワークバックボーンに使用するなら1Gbpsというように、必要なネットワークアプリケーションに基づいてインターフェイス速度を設定できます。
将来の車載トポロジを設計するネットワークアーキテクトは、このIPネットワークが新しい可能性とユースケースを自動車分野にもたらすことを理解しています。今では1Gbpsよりも高速インターフェースや逆に100Mbps未満の低速インターフェイスが必要な用途がわかっています。本講演ではこうした新しいテクノロジと潜在的なユースケースについてご説明します。

Christopher Mash 氏

マーベル・セミコンダクター
オートモーティブ・アプリケーションズ・アンド・アーキテクチャ
シニア・ディレクター
クリストファー・マッシュ

技術担当分野としては過去9年間車載イーサネットに携わり、それを含め21年の間イーサネット分野を担当。その間コンセプト段階から設計、テスト、大量生産に至るまで300以上の開発案件を担当し、現在では IEEE802.3bp 1000BASE-T1タスクフォースやIEEE802.3bw 100BASE-T1タスクフォース、IEEE802.1 AVB / TSNグループ、AVNUといったコミュニティでも活躍。サザンプトン大学で電子工学のBEng優等学位を取得し、工学と技術の研究所でチャータードエンジニアの資格を授与されている。

15:30 - 16:10
Flexible, Scalable and Secure In-Vehicle Networking

More than 20% of vehicles sold worldwide in 2015 included embedded connectivity with more than 50% of these vehicles having connectivity capabilities including smartphone tethering through Wi-Fi® or Bluetooth®. This will continue to dramatically increase as we move to the autonomous vehicle. But are they connected with a foundation of security in mind? Connected vehicles form networks which are exposed to many forms of attack. Such attacks are real and well documented in the media, potentially resulting in recalls, loss of revenue, tarnished brand reputations or worse.
This presentation will demonstrate a practical methodology of securing automotive Ethernet and CAN vehicle networking against such threats using hardware-based security solutions. We will examine the types of threats and potential attack surfaces in the network and assess various solutions for:
•Security performance
•Efficient security integration with existing In-Vehicle Networking (IVN) architecture and Electronic Control Units (ECUs)
•Scalable and flexible techniques for easy migration to next generation centralized computing architecture
•Commonality across CAN and Ethernet secure networking

With careful understanding of IVN characteristics, security vulnerabilities and standards-based technology, we will demonstrate how to effectively implement security, supporting interoperability in a variety of hardware solutions to meet the goals above.

Mike Jones 氏

Microchip Technology
Senior Marketing Manager, Automotive Ethernet
Mike Jones

Mike has a Master’s Degree in Electronic Systems Engineering at Aston University in Birmingham, UK. More than 15 years high speed networking design experience in the semiconductor industry. Worked in partnership with Automotive OEMs to define and introduce the first Automotive Grade Ethernet devices to market in 2008.

16:10 - 16:25

休憩

16:25 - 17:05
Design Considerations of Vehicle Computer
Albert Kuo 氏

リアルテック・セミコンダクター
System Design Dept. Ⅲ, Communication Network Business Group
DIRECTOR
Albert Kuo

17:10 - 17:55
パネルディスカッション
車載LANアーキテクチャの将来像(仮)

〈パネリスト〉

JASPAR 次世代高速LAN WG 技術調査小委員会リーダー
(本田技術研究所)
大塚 訓

JASPAR 次世代高速LAN WG 副主査
(デンソー)
加来 芳史

JASPAR 次世代高速LAN WG 主査
(トヨタ自動車)
後藤 英樹

JASPAR 次世代高速LAN WG Techday小委員会リーダー
(コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパン)
松本 浩幸

JASPAR 次世代高速LAN WG メンバー
(マツダ)
三谷 明弘

JASPAR 次世代高速LAN WG ハードウェアチーム 回路検証サブチームリーダー
(日産自動車)
湯本 大次郎


〈モデレータ〉

日経 xTECH/日経エレクトロニクス 記者
根津 禎

18:10 - 19:50
交流会
2日目 ― 6月26日(火)
9:30 - 10:20
Automotive Ethernet, the latest developments towards a homogeneous in-vehicle network

Automotive Ethernet started as an in-vehicle networking technology to cover high bandwidth demands. While being successfully deployed for that purpose, Automotive Ethernet has developed an eco-system that allows it to substantially change the way we think and design in-vehicle networks. This presentation will discuss the latest developments that let Ethernet become the sound basis for a homogeneous in-vehicle network.

Kirsten.Matheus 氏

BMW AG
In-vehicle networking
Kirsten Matheus

10:25 - 11:10
How to evaluate/validate AVB S/W on ECUs in the car?

In the past couple of years Ethernet had proved its benefits for in-vehicle networks. Nowadays the role of Ethernet for in-vehicle networks is expanding, and more complex architectures and use cases are being developed. With the transition from advanced research and prototype implementations to the production line, the need for testing (especially automated testing) increases in importance. This presentation will focus on best practices for compliance testing of automotive Ethernet Middleware embedded into ECU as an end station. The challenges encountered, and the lessons learned while developing an automated framework for Ethernet middleware validation will be presented. The advanced automotive applications rely on a robust and well tested middleware, but in the same time testing the middleware without the applications being present for network engineers to see only the operation of network protocols requires creative solutions to be adopted.

Jinhwa Yun 氏

Hyundai Motor Company
Research Engineer, R&D
Jinhwa Yun




Razvan Petre 氏

Spirent Technologies GmbH
Sr. Technical Marketing Engineer
Razvan Petre

11:15 - 11:55
車両通信システムへのワイヤーハーネスの貢献

W/Hメーカの通信システムの考え方について

苗字 名前 氏

矢崎総業
技術開発室 車載技術開発センター 部長
芹澤 直嗣

11:55 - 13:00

休憩

13:00 - 13:45
Ethernetをコア技術とした車載サーバーアーキテクチャとキーコンポーネント

クラウドへのコネクティビティを有する今後の車載アーキテクチャは、将来のアップグレードに対応したアーキテクチャ構成になると考えています。そのひとつのソリューションである車載サーバーアーキテクチャについて、必要なキーコンポーネントと合わせてご紹介いたします。

松本 浩幸 氏

コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパン
ネットワーク製品グループ マネージャー
松本 浩幸

13:50 - 14:30
Building Your Automotive Network with TSN and Ethernet.

his presentation will explore key Time Sensitive Networking (TSN) standards and how they relate to Automotive requirements. An overview of the relevant IEEE 802.1 TSN standards will be given with examples of how these can be applied and used in the automotive environment. By the end of this session, the attendee will understand and be able to select the features they need based on their network use cases.

苗字 名前 氏

NXP Semiconductors
VP and General Manager Automotive Ethernet Solutions
Alexander Tan





     
苗字 名前 氏

NXP Semiconductors
Fellow, Automotive Ethernet Networking
Donald R. Pannell

14:30 - 14:50

休憩

14:50 - 15:35
AVNU Allianceの活動内容と現況のご報告

1) Mission and role of Avnu
2) A little bit about the history of Avnu
3) Which areas of TSN is Avnu working on
4) Our completed and in progress test plans for Automotive
5) Where to find more information about Avnu

Gary Stuebing 氏

AVNU Alliance
President
Gary Stuebing


※6月27日(水)開催の「AVNU Alliance セミナー」にも、ご参加いただけます。別途、ご登録が必要です。登録および当日の進行は英語となります。
ご登録は、こちら(日経BP社以外のサイトに遷移します)。

15:40 - 16:20
Reducing the Cost and Complexity of TSN/AVB Implementation: Out-of-the-box Automotive Ethernet Endpoints

In-Vehicle Networking using TSN/AVB technologies requires specific software, handling of multiple complex stacks to realize network management functions as well as handling streaming data under strict real-time requirements. Consequently, development times, risk and system cost can be significant. Automotive Ethernet Endpoints are smart Ethernet Controllers that combine application specific interfaces and AVB/TSN support inside one electronic device. Porting traditional analog systems and upgrading classic digital systems to TSN/AVB is simplified with the elimination of an additional microcontroller. The need for extensive software development can be mitigated while time-to-market and costs reduced in delivering Automotive AVB/TSN Ethernet endpoints.

Francis_IELSCH 氏

Microchip Technology
Product Marketing Manager
Francis Ielsch

Francis IELSCH works for Microchip Technology in Karlsruhe, Germany as Product Marketing Manager for Automotive Network Technology. As an engineer in the field of electronics and computer science, Francis started his carrier as an electronics engineer, designing embedded systems based on 32-bit SoC. After some years in the R&D, he moved to Product Marketing in the field of embedded systems and more recently in the field of automotive by joining Microchip’s Automotive Information Systems (AIS) division.

16:20 - 16:35

休憩

16:35 - 17:20
自動車関連メーカーへのQ&Aセッション

〈登壇者〉

トヨタ自動車
電子プラットフォーム開発部 車載セキュリティ開発室 グループ長
後藤 英樹

BMW AG
In-vehicle networking
Kirsten Matheus

デンソー
基盤ハードウェア開発部 車載通信技術開発室
加来 芳史

コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパン
ネットワーク製品グループ マネージャー
松本 浩幸

     

〈司会進行〉

日経 xTECH/日経エレクトロニクス 記者
根津 禎

      
  • ※外国語講演には、すべて同時通訳が入りますので、日本語音声で聴講いただけます。
  • ※両日とも途中、適宜、休憩が入ります。
  • ※講演時刻等、随時更新いたします。また、プログラムは決まり次第、随時更新いたします。あらかじめご了承願います。

自動運転の切り札、車載Ethernet お申し込み

2日券 価格:74,800円(税込)

注意事項

※ 受講料には25日に開催する交流会および25/26日の昼食を含みます。
※ 満席になり次第、申込受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

■受講料のお支払い:
お支払い方法が「請求書」の方には、後日、受講券・請求書をご郵送いたします。
ご入金は銀行振込でお願いいたします。なお、振込手数料はお客様のご負担となりますので、あらかじめご了承ください。
「クレジットカード支払」の方には、受講券のみをお送りいたします。

■お申し込み後のキャンセルおよび欠席など:
お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
会場までの交通費や宿泊費は、受講される方のご負担となります。講師等の急病、天災その他の不可抗力、その他やむを得ない事情により、中止する場合があります。この場合、受講料は返金いたします。

■最少開催人員:
50名。参加申込人数が最少開催人員に達しない場合は、開催を中止させていただくことがあります。

TOPへ