閉じる

書籍

  • 202Xテクノロジー セット

    202X建築テクノロジー + 202Xインフラテクノロジー

    <日経コンストラクション(編)/ 定価:本体5,800円+税 / 商品番号:267350>

  • 土はなぜ崩れるのかセット

    クイズ 土はなぜ崩れるのか + クイズ 土はなぜ崩れるのかII

    <日経コンストラクション(編)/ 定価:本体5,600円+税 / 商品番号:267420>

  • 橋 維持管理セット

    老朽橋探偵と学ぶ 謎解き!橋の維持・補修 + 橋の改修・改良図鑑

    <日経コンストラクション(編)/ 定価:本体6,700円+税 / 商品番号:267400>

  • 設計トラブル防止セット

    100の失敗事例に学ぶ設計・施工トラブルの防ぎ方 + 設計不具合の防ぎ方 増補改訂版

    <日経コンストラクション(編)/ 定価:本体9,800円+税 / 商品番号:267410>

  • ブラックストーンが350億円で、コアプラス運用へ参入

    ▼特集/2017年の賃料・企業移転分析▼開発トレンド/東京・横浜の建築計画調査

  • 日産自動車「リーフ」徹底分解2018 [全体編]

    本書では、同車両をいち早く入手し、走行テストに加えて、分解調査を実施しました。新型リーフを知り、全体の構造を理解するためには最良の1冊です。

  • 次世代自動車2018

    経済引っ張る"巨大なスマホ"がAI、新エネルギーを飲み込む

    AIと自動運転の切っても切り離せない関係、ものづくりからサービスに移行する自動車業界を詳説!

  • コンクリート診断士試験重要キーワード120

    建設業界で注目度が高い「コンクリート診断士」試験の受験者に向け、重要な120のキーワードを選定。図表を交えて詳解します。<十河茂幸、平田隆祥 ほか(著)/ 価格:本体2,800円+税 / 発行日:2018年3月19日>

  • ブロックチェーン技術の未解決問題

    ブロックチェーン技術の成熟度は低い 今そこにある問題を解説する

     ビットコインのコア技術である「ブロックチェーン」に注目が集まっている。現在は主に仮想通貨としての用途に限られるが、実はその対象範囲は広く金融に限らない。

  • ノルウェー中銀が対日投資、東急不動産と1300億円超

    ▼特集/2017年の売買事例分析▼オフィス市況トレンド/成約賃料調査

  • 東京大改造マップ 2018-20XX

    日経BPムック 日経の専門誌が追う「激動期の首都」

    急ピッチで進む東京の都市改造。大規模開発から近未来を見通す好評シリーズの第5弾

  • 東京大改造マップ開発プロジェクトデータ集2018年版<Excelデータ>

    東京五輪後を見据えた首都の大改造を先読みする。竣工予報データの最新版!

  • 2018年版 技術士第二次試験 建設部門 合格指南

    改正から5年間の出題内容を基に想定問題や解答例などを一新し、記述式や択一式の解き方をより効率的に習得できるよう大幅に改訂。<堀与志男 ほか(著)日経コンストラクション(編)/ 価格:本体3,500円+税 / 発行日:2018年3月12日>

  • 自走するIT組織

    リクルートのエンジニアはこう動く

     国内最大級のリクルートのWebサービスを支えるテクノロジー企業、リクルートテクノロジーズ。そんな同社で活躍するITエンジニアは、自ら動き、自ら考えることで、自走する組織を作り上げています。 同社に所属する、あるいは新天地に向けて卒業した約30人に上るITエンジニアのリアルな活躍を、同社の執行役員C…

  • 読めば合格!情報セキュリティマネジメント

     2017年4月、10月に実施されたセキュマネ試験それぞれの午後問題2回分をいちばん詳しく解説

  • 頑張れ、日本のデジタル革命

    社長が知らないITの真相2

     クラウド、FinTech、DevOps、デジタルトランスフォーメーション─。欧米発のデジタル革命が既存の業界を丸ごと覆す勢いで日本企業に迫っています。

  • すごい廃炉

    福島第1原発・工事秘録<2011~17年>

    福島第1原発の廃炉に向けた巨大な工事現場の7年間を、日経の建設専門誌による取材記事と篠山紀信の写真で切り取った唯一無二の記録<篠山 紀信(写真)、木村 駿(文)、日経コンストラクション(編)/ 価格:本体2,700円+税 / 発行日:2018年2月20日>

  • 人工知能の未来2018-2022

     AIは「ディープラーニング」のブレークスルーにより、2010年代に入って急速に発展しました。本レポートでは、AIによってどのような新マーケットが生まれるのか、既存産業はどんな影響を受けるのかを予測します。

  • 人工知能ビジネス2018

     AIを活かしたビジネスは魅力的ですが、成功するには他社を圧倒する「技術力」が欠かせません。AI技術で先頭を走る企業はどこなのか?どこの企業と組むとベストなのか?ディープラーニングは細分化されており、各社の得意領域は異なります。本レポートには世界中のAIテクノロジー企業を収録しています。

  • 人工知能の未来&ビジネス2018

    『人工知能の未来 2018-2022』と『人工知能ビジネス 2018』のセット商品

     AIを味方にするには、AIがもたらす「未来」を見ることです。700ページを超える『人工知能の未来 2018-2022』には、AIによって生み出される20産業・130市場が描かれています。AIを正しく理解する最適な調査レポートです。『人工知能ビジネス 2018』は、AIビジネスの戦略プラン策定に欠か…