「既存建物の増改築」は、建築関係者ならば誰もが他人事では済まされない時代になりました。