明電舎と同社の100%子会社である明電エンジニアリング(本社東京)は、明電エジニアリングが請け負う保守メンテナンスにAR(拡張現実)を導入する。PTCジャパン(本社東京)のAR技術を用いる。ARの活用により、保守作業の効率化や確実性の確保、ノウハウの継承を目指す。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら