ウェザーニューズは2018年7月8日、同6~8日にかけて西日本を中心に続いた記録的な大雨の浸水被害状況をビッグデータ解析で明らかにした。今回の豪雨は、西は九州から東は中部まで非常に広い範囲で、しかも長時間にわたり、同時多発的に発生しているのが特徴だ。そのため局所的な情報は数多く出ているものの、西日本全体の被害状況、特に広範囲の浸水被害レベルが7日時点では詳しく分かっていなかった。

 そこでウェザーニューズは浸水に絞って西日本全域の被害状況を見える化するため、7日に同社のサービス利用者に対して緊急アンケートを実施。同日夜までに約1万件の回答を得た。これにより、記録的な大雨の「一番水位が高かったときの浸水状況」を広域で掌握することに成功。8日には「浸水被害状況マップ」にまとめて、最初の結果を公表した。

西日本全域の「浸水被害状況マップ」。一番水位が高かったときの浸水状況を、全国各地にいる一般の人たちから直感的な測定で報告してもらって作成した
(出所:ウェザーニューズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 すると「腰以上の高さ」まで浸水したという深刻な被害(図の紫色の丸印)が、九州北部から瀬戸内海沿岸、そして近畿辺りまで、ほぼ一直線に広がっている実態が初めて判明した。

 特に大雨で河川が氾濫した広島、岡山、愛媛の3県は「腰以上の高さ」の浸水が際立っている。通常は雨が少なく晴れの日が多い瀬戸内地域で、腰以上の高さの浸水という大きな被害が広がった。広島から岡山にかけて浸水が特にひどい地域では、24時間や48時間の雨量が観測史上最高を更新した地点が多数発生している。それが大規模な浸水につながった。

 ウェザーニューズは現在もアンケートを継続中。今後も続報がまとまり次第、随時公表していくという。