米Analog Devices社(ADI)は、同社従来品に比べてレシーバー(受信回路)の帯域幅が2倍の200MHz(最大値)と広いRFトランシーバーIC「ADRV9009」を発売した。2つのトランスミッター(送信回路)と、2つのレシーバー、2つのオブザベーション(観測)用レシーバー、フラクショナルN型のRFシンセサイザー、局部発振器(LO)、デジタル信号処理回路などを1チップに集積した。トランスミッターの周波数合成における帯域幅は450MHz(最大値)、オブザベーション用トランシーバーの帯域幅は450MHz(最大値)。同社によると、「帯域幅は業界で最も広い」という。同社従来品に比べて、ディスクリート部品を20個不要にできるほか、消費電力を約半分に削減でき、パッケージの実装面積を約60%減らすことが可能になったとしている。対応する周波数範囲は75M〜6GHz。第2世代〜第5世代(2G〜5G)の無線通信インフラ機器や、フェーズド・アレー・レーダー、航空宇宙用電子機器、防衛用電子機器などに向ける。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら