米Texas Instruments(TI)社は、実装面積が3mm×2mmと小さい12端子VQFNパッケージに封止した降圧型DC-DCコンバーターICを2製品発売した。2製品の違いは最大出力電流にある。「LMR33630」は3A、「LMR33620」は2Aである。採用したパッケージは、放熱特性を高める電極を裏面に設けており、さらにはんだ付け工程の後に目視で検査することを可能にするウェッタブル・フランクを採用している。同社は、このパッケージを「HotRod QFN」と呼ぶ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら