ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen)は2018年6月8日、量子コンピューターを使って実用的な新材料の開発を進めていると発表した。この技術は水素やリチウム、炭素鎖などの分子をシミュレーションできるので、将来、電気自動車用2次電池の開発に有効だと見ている。同社は、ITソリューションに関する国際展示会「CeBIT 2018」(ドイツ・ハノーファー、2018年6月12~15日)で、この研究成果を発表する。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら