新日本無線は、利得帯域幅積(GB積)が1.7MHzと広いものの、1回路当たりの消費電流が50μAと少ないオペアンプIC「NJU7755シリーズ」を発売した。1回路入り(シングル)の「NJU77550」と2回路入り(デュアル)の「NJU77552」、4回路入り(クアッド)の「NJU77554」を用意した。同社従来品に比べると、周波数帯域幅利得帯域幅積を約40%広げたにもかかわらず、消費電流を約80%削減した。同社によると、「得意とするアナログ回路技術を活用することで実現した」という。IoT対応機器や、オーディオ/ヘルスケア/セキュリティー向け電池駆動機器、ガス/煙センサー、スマートメーターなどの用途に向ける。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら