KDDIは2018年5月29日、auの夏商戦に向けた発表会「au発表会2018 Summer」を都内で開催し、「Netflix」セットの新料金プランや遠隔操作の一種である「テレイグジスタンス」技術、「KDDI ∞ Labo」の次世代プログラムなどの取り組みについて発表した(写真1)。

写真1●KDDIがNetflixプランなどを発表
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

「Netflix」と「ビデオパス」セットの新プランを発表

 発表会には代表取締役社長の高橋誠氏が登壇(写真2)。「夏のテーマは『みんなつくろう』。サービスや料金だけでなくキャンペーンに至るまで、いろいろなワクワクを提供していく」と語った。

写真2●KDDI 代表取締役社長の高橋誠氏
[画像のクリックで拡大表示]

 特に5Gへの取り組みについて、「5Gの特徴は大容量、低遅延、多接続とされているが、お客様にすぐに響くサービスがない。3GではEメール、4Gではスマホが牽引してきたが、5Gではどのような価値を感じてもらえるか、4Gの時代から提案をしていく」(高橋氏)と語った。

 新たな料金プランとして、動画配信サービス「Netflix」と「ビデオパス」をセットにした「auフラットプラン25 Netflixパック」を発表した。「Netflixの本社を初めて訪れたのは7年前。ようやく組むことができた」(高橋氏)という。

 背景として、「有料動画サービスの利用者は2020年までに2000万人を超えると予測されている。だが実際の加入者は15%にとどまっており、コンテンツの少なさや料金、見ている時間がないといった問題がある」(高橋氏)と説明した(写真3)。

写真3●有料動画サービスの利用者が拡大
[画像のクリックで拡大表示]

 これを受けてNetflixプランでは、データ容量として20GBのフラットプランに5GBを追加した25GBを利用可能にした。NetflixをSD画質で楽しめるベーシックプランとauのビデオパスをセットにして、各種割引を適用した1年目の月額料金は5500円からとなっている(写真4)。

写真4●「auフラットプラン25 Netflixパック」
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら