米Analog Devices社(ADI)は、温度ディレーティングによるチャネルオフが発生しない16ビット分解能のD-A変換器IC「AD5758」を発売した。シングルチャネル品で、電流出力と電圧出力の両方に対応する。集積した降圧型DC-DCコンバーター回路を使って電源電圧を動的に制御する同社独自の「DPC(Dynamic Power Control)機能」を採用することで発熱を抑え、温度ディレーティングを不要にした。熱対策が不要になるため、高密度のアナログ信号出力モジュールの設計容易化や低コスト化、小型化を実現できるという。FA機器や工業用プロセス機器、モーター制御機器などの産業用途に向ける。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら