NTTドコモは2018年5月16日、2018年夏モデルとしてソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia XZ2 Premium」「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Compact」の3機種を発表した。

 KDDIは「Xperia XZ2 Premium」と「Xperia XZ2」の2機種を、ソフトバンクは「Xperia XZ2」を発表している。

「Xperia XZ2 Premium」はドコモとKDDIが発売

 Xperia XZ2 Premiumは、4月16日にソニーモバイルが海外市場に向けて発表したモデルになる(写真1)。ドコモ版は今夏、KDDI版は8月中旬に発売する。

写真1●Xperia XZ2 Premium(KDDI版)
撮影:山口 健太、以下同じ
[画像のクリックで拡大表示]

関連記事:http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/00892/

 2眼カメラ用のセンサーとして「Motion Eye Dual」を搭載(写真2)。2つのセンサーの画像を合成する画像融合処理プロセッサー「AUBE(オーブ)」により、動画ではISO12800、静止画ではISO51200による超高感度撮影を実現した。

写真2●2眼カメラと独自の画像処理プロセッサーを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 2基目のカメラには、モノクロセンサーを搭載。より豊富な輝度情報を取得できるようになった。「プレミアムおまかせオート」撮影時には、デュアルカメラの使用を自動で判断。マニュアルモードではデュアルカメラのON/OFFを手動で選択できる。ボケ、モノクロ撮影機能には、発売後のアップデートで対応する。

 ディスプレイとカメラの両方が「4K HDR」に対応している。カメラで撮影した4K HDRの映像を、スマートフォンの画面でそのまま再生できる。画面の縦横比はXZ2シリーズの他モデルと異なり、16:9を採用する(写真3)。

写真3●画面の縦横比は16:9
[画像のクリックで拡大表示]

 プロセッサーには米クアルコム製のSnapdragon 845、メモリーは6GBを搭載する。通信速度として、ドコモ版は受信時最大988Mbps、KDDI版は受信時最大958Mbpsに対応する。本体カラーはドコモ、KDDIともにクロムブラックとクロムシルバーの2色を展開する(写真4)。

写真4●クロムブラック(左)とクロムシルバー(右)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら