旭化成エレクトロニクスは、軸端(Shaft end)配置に加えて軸貫通(Off Axis)配置にも対応した磁気回転角センサーIC「AK7452」を発売した。同社の「磁気式Zero Latency回転角度センサーIC」ファミリーに含まれる製品である。2極着磁磁石の中心軸の端部に配置(軸端配置)できるほか、2極着磁磁石の横に配置(軸貫通配置)が可能だ。このためレイアウトの自由度が高まると同時に、モーターの薄型化や中空構造の採用が可能になる。さらに、ユーザーによるキャリブレーション(較正)機能を搭載したため、モーターユニットの組み立て時における実装のずれや磁石の特性に起因する角度誤差を高い精度で補正できるという。ステッピングモーターや直流(DC)ブラシレスモーターの駆動に向ける。具体的なアプリケーションとしては、ロボットや工作機械などを挙げている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!