Box Japanは2018年3月13日、データの保存場所(国)を選べるクラウドストレージサービス「Box Zones」を日本企業向けに拡張し、データを日本外に出せない機能を追加した「Box Zones Japan」を開始すると発表した。利用料金は非公表だが、従来のBox Zonesユーザーは切り替えることができるという。

 都内で開かれた説明会では、Box Japanの古市克典社長が、まずは日本における同社のビジネスの概況を説明。日本ではすでに多くの企業が利用しており、「本格的に日本でビジネスを行うようになって4年だが、新規顧客契約額が毎年倍々の勢いで伸びている」と好調ぶりを紹介した。ただ、好調に見える日本市場ではまだ浸透度が低く、かつ、米国では官公庁、金融、病院と大規模な製造業の分野で多く活用されているという。そして、これらの分野の共通点として、古市氏は「いずれも『日本国内にデータを置いておきたい』というニーズが強い」と指摘した。

写真●Box Japanの古市克典社長
(撮影:林 徹、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
写真●BOXはすでに日本の多くの企業で活用されているが、官公庁、金融、病院と巨大な製造業での導入は少ない
[画像のクリックで拡大表示]

 これまではバックアップストレージがシンガポールにあったため、「日本で閉じたサービスを提供できていなかった」(古市氏)。そこで大阪にバックアップストレージを置き、すべての処理を日本国内で完結するサービスの開始に踏み切ったという。Box Zones Japanの提供により、日本におけるBox利用企業の増加に弾みを付ける。

写真●Box Japan 執行役員 マーケティング部 部長の中村晃氏。説明会にはリモートで参加した
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら