レノボ・ジャパンは2018年3月13日、都内で発表会を開催し、Chrome OSを搭載した2-in-1型の「Chromebook」を教育市場向けに発売することを発表した(写真1)。

写真1●レノボが教育市場向けにChromebookを発売へ
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 レノボがChromebookを日本で発売するのは初めて。発表したのは「Lenovo 300e」と「Lenovo 500e」の2機種で、2018年5月に発売する。

クラウド導入、過剰スペックの見直しでコスト削減を

 発表会にはレノボ・ジャパン 教育市場担当の渡辺守氏が登壇し、まず小・中学校と高校(K-12)のICT環境の整備状況について説明した(写真2)。文部科学省は情報端末を「3.6人に1台」普及させる目標を掲げている。現状は「5.9人に1台」にとどまっているという(写真3)。

写真2●レノボ・ジャパン 教育市場担当の渡辺守氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●文部科学省の目標と現状に乖離
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら