テクノア(本社岐阜市)は2018年2月15日、同社の中小企業向け生産管理システム「TECHS-BK」と枚岡合金工具(本社大阪市)のファイル管理システム「デジタルドルフィンズ」の連携オプション機能「図面管理連携オプション」を発売する。書類を連続してスキャンすることにより、TECHS-BKの画面や作業指示書からデジタルドルフィンズに登録された図面などを表示できるようになる(図)。

[画像のクリックで拡大表示]
図:「図面管理連携オプション」表示画面例

 TECHS-BKは、多品種少量型の部品加工業向けに開発された生産管理システム(関連記事)。バーコードリーダーやハンディーターミナルを使って進捗状況や仕掛かり中の原価を把握することで、コスト削減や納期対策を図れる。一方のデジタルドルフィンズは、紙や写真、フィルムとして保存していたデータをファイリングする製造業向けファイル管理システム。ファイルを簡単かつ素早く検索・表示でき、書類を探す手間や時間、保管のためのスペース、書類の共有やコピーの手間を省けるという。

ここからは会員の登録が必要です。