本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 日立製作所がディープラーニング(深層学習)技術を応用して、物流向けピッキング技術の開発に乗り出した。

  バラ積み品の箱を載せて移動している台車からロボットアームでピース品を把持する際、台車の動きを止めることなく実行する技術を開発した(図1)。従来技術では、一度、台車を5秒ほど静止状態にしてから把持する必要があったという。

  台車を動かしながらの把持が可能となったことで、従来は1個の把持当たり13秒ほどだった作業時間を8秒に短縮できた。物流工程でのスループット向上につながる。

図1 動いている台車を止めずにピッキング
台車上の箱に入ったピース品をRGBDカメラで撮影し、台車の移動速度などを踏まえてアームの動作計画をする。把持点はCNNにより算出する。カメラはRealSenseの「SR300」、アームはデンソーウェーブの「VS-068」を用いた。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経Robotics購読者限定です。