本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 ドローンの活躍の場は空だけではない。地下など狭い空間の点検にも使われ始めた。全国の市町村から下水道管の点検業務などを請け負うNJSは2018年3月29日、神奈川県横須賀市の下水処理場にある下水道管の点検にドローンを本格活用した(図1)。

 人が入ることのできない細い管内を飛行できる専用のドローンを開発。高精細カメラで内面を撮影し、腐食や破損、ひび割れなどがないか点検した。同社は自治体から請け負った下水道管の検査業務を専門業者に再委託しているが、今後はそうした取引のある点検業者500社に自社開発の下水道管点検ドローンを提供していく計画である。

図1 ドローンで下水道管内の点検を自動化
下水道管の点検を市町村から請け負うNJSは、下水道管の点検向けドローンを導入した。人手による目視点検ができなかった細い管内を飛行し、破損や腐食などの異常箇所を検出するための映像を撮影する。ドローンは自律制御システム研究所と共同開発した。(写真:NJS)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経Robotics購読者限定です。