本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 Preferred Networks(PFN)が2015年6月からOSS(オープンソース・ソフトウエア)として公開するディープラーニング(深層学習)フレームワークが先鞭をつけた「Define-by-Run」という方式を、米Facebook社や米グーグルが自社の深層学習フレームワークに取り入れた。新しいソフトウエア技術は米国企業が考案し、日本企業はそれを輸入するということが多いが、これを覆す動きだと言えそうだ。

 Chainerではニューラルネットワークの構造や学習の方法をPythonのプログラムとして記述する。ニューラルネットワークの計算を表現した計算グラフは、学習などデータを入力した際にPythonプログラムに基づいて動的に構築される。計算の実行時に計算グラフが定義されることから、この方式を「Define-by-Run」と呼んでいる。

この先は日経Robotics購読者限定です。