本記事はロボットとAI技術の専門誌『日経Robotics』のデジタル版です

 清水建設は高層ビルなどの建築現場に2018年下期から2種類のロボットアームを導入する。1つは鉄骨のアーク溶接ロボット「Robo-Welder」、もう一つは天井施工ロボット「Robo-Buddy」。

 いずれも台車の上にドイツKUKA社製の6軸アームを載せた構成で、現場内を動かしながら作業を行う(図1)。

 建築分野出身でロボットを用いた建築自動化を手掛ける竹中司氏が創業した企業、アットロボティクスと共同開発した。

図1 建築現場に6軸アームを導入へ
鉄骨の溶接ロボットについては開発の目途が付いた(写真左)。天井パネルの取り付けロボットについてはまだ開発中である(写真右)。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は日経Robotics購読者限定です。