ほとんどの企業が導入しているグループウエアやコミュニケーションツールにも、クラウド化の波が押し寄せている。システム更改のタイミングで、米マイクロソフトのOffice 365や米グーグルのG SuiteといったSaaS型サービスを導入するのが主流となりつつある。

 一方で、導入したものの「パフォーマンスが悪い」「他のシステム利用に影響が出た」という失敗事例もみられる。共通するのはネットワークに起因するケースが多いという点だ。Offiec 365を例に、クラウド時代のネットワーク構築のコツを解説する。

出典:日経NETWORK、2018年6月号 pp.40-48
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。