2018年1月11日に発売されたソニーの犬型ロボット「aibo」。全身に搭載した各種センサーで周囲の状況を把握し、クラウドのAI(人工知能)と連携して自律的に行動する。22個のアクチュエーターを駆使して愛らしく動き、飼い主の家族として成長していく「家庭用ロボット」だ。aiboの魅力を創出するメカニズムの秘密はどこにあるのだろうか。aiboの開発者に直接話を聞き、随所に盛り込まれた技術や設計の意図をまとめた。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら