品質データ偽装問題に揺れる神戸製鋼所が、起死回生を図る。2018年3月6日には、2017年8月に発覚した品質データ偽装問題に関する最終報告書を公表。併せて同社会長兼社長の川崎博也氏が辞任を表明した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら