(写真:Getty Images、CG:Shige)

技術立国日本の足元が揺らいでいる。AI(人工知能)など先進IT分野は米国や中国の後塵を拝し、高度IT人材の育成でも諸外国に後れを取っている。政策を立案する立場である政府自身のIT利活用は進まず、公文書改ざんなど電子化すら危うい実態が明らかになった。電子政府とIT振興政策は日本を再び成長させる原動力だ。企業の競争力にも直結するだけに他人事ではいられない。落第点のIT政策を及第点に押し上げる方策を探る。

出典:日経コンピュータ、2018年5月10日号 pp.26-27
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。