事象の表現が大ざっぱだと、続く「なぜ?」も大ざっぱになる。これでは議論が発散するだけで、的確な再発防止策など出てこない。問題を1つずつ絞り込んで、なぜなぜ分析するのが望ましい。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら