賃金は上がっているが、それでもなんとかコストを減らせないものか。こう考えて臨むなら相応の努力と我慢が必要。まさに茨の道だ。リクルートは当初3年間は投資期間と位置付けることで、独自の仕組みを完成させた。

ここからは有料会員の登録が必要です。