タイムリミットの5年後を見据え、オフショア企業がAIやIoTの技術開発に乗り出した。ビジネスそのものを進化させるデジタル化の波に乗るためだ。自動運転や画像認識、データ処理などで攻勢をかける。

ここからは有料会員の登録が必要です。