2019年5月1日、「平成」から新たな元号に変わり、様々な情報システムが影響を受ける。「和暦は使っていない」など油断は大敵。改元に伴う休祝日の変更でカレンダーが変わるほか、帳票や伝票などの修正も必要となる。見落としはないか今から総点検したい。

ここからは有料会員の登録が必要です。