柯会之盟(かかいのめい)は中国古典からの引用で、約束したことを成し遂げて信義を守り抜き信頼を得るという意味です。ユニチカがシステム刷新プロジェクトを始めるにあたり、オフショア先である中国・西安のソフトロード社員に話した言葉です。心を同じくしてともに力を合わせる意味の「和衷協同(わちゅうきょうどう)」なども話したそうです。両社は場所が離れていても力を合わせ、システムを無事稼働させました。日本のIT産業を支えてきた日中の連携体制は消滅するのではなく、質を変えながら受け継がれていくのだと思います。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら