電動化や自動運転の本格普及が目前に迫り、部品メーカーでは低コスト化の議論が活発化してきた。2018年4月に開かれた「自動車未来サミットSpring」では、ドイツ・コンチネンタル(Continental)やケーヒン、デンソー、ヴィオニアジャパン(旧オートリブエレクトロニクスジャパン)、ヴァレオジャパンが低コスト化への取り組みについて報告した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら