ブランドが確立した多くのメーカーが悩む問題の1つが、製造を委託する正規工場の不正だ。例えば、正規品を受注数より多く作り、発注主以外に横流しする。正規品と同じロゴが付き同じ機能・性能だから、模造品とは異なり横流し品は高く売れる。

 電子機器の正規工場の横流しを防ぐセキュリティーの仕組みをマイコンに盛り込むためのツール(ソフトウエア)として「Embedded Trust」をスウェーデンIAR Systems社と米Secure Thingz社が開発し(IARの日本語ニュースリリース1)、ドイツ・ニュルンベルクで開催された国際展示会「embedded world 2018」(2月27日~3月1日)のIARのブースで披露した。IARは、マイコンのアプリケーションソフトウエアを開発するための統合開発環境(IDE:Integrated Development Environment)の大手メーカーである。ルネサス エレクトロニクスなどの大手マイコンメーカーのユーザーが、IARのIDEである「IAR Embedded Workbench」(以下、Embedded Workbench)を使って、アプリケーションソフトウエアを開発している。Secure Thingzは、マイコンや組み込み機器のセキュリティー技術の専門企業である。

「Embedded Trust」を紹介するIAR SystemsのCEOのStefan Skarin氏。IARが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のEmbedded Trustは、Embedded WorkbenchのアドオンソフトウエアとしてIARが提供する。「これまで多くのマイコンのアプリケーションソフトウエア開発者にとって、セキュリティーの仕組みを用意するのは敷居が高かった。例えば、そのためにセキュリティーの仕組みの詳細や新たなツールについて学習する必要があった。一方、Embedded Trustでは、使い慣れたEmbedded Workbenchと同じ操作手順で、セキュリティーの仕組みを開発時に容易に盛り込むことができる」(IARのTora Fridholm氏、Product Marketing Manager)。

Embedded Workbenchの中でEmbedded Trustが使える。IARのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

 Embedded Trustは、複数のセキュリティー機能を扱える。例えば、ID情報の統合および証明書マネジメント機能、スケーラブルなセキュアー・ブート・マネージャー、統合された製造マスタリングを利用したセキュアーな製品の市場投入機能、ソフトウェアのバージョン管理およびアップデート基盤を備えたリリースマネジメント機能である。これらの機能のうち、スケーラブルなセキュアー・ブート・マネージャー、およびセキュリティーマスタリング機能(量産数量やバージョンのコントロール)は元々Secure Thingz社が開発したもので、今回、Embedded Trustに取り込まれた。

Embedded Trustはセキュアー・ブート・マネージャーをはじめとして複数の機能を提供する。IARのスライド
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら