日経 xTECH有料会員限定 現在はどなたでも閲覧可能です

 JR西日本は7月11日、「平成30年7月豪雨」で被災した9路線10区間の運転見合わせが1カ月以上の長期間に及ぶとの見通しを発表した。今後の調査で、対象区間がさらに増える恐れもある。

JR西日本が発表した1カ月以上の運転見合わせ区間(資料:JR西日本)
[画像のクリックで拡大表示]

 運転の見合わせが長期に及ぶとみられるのは、山陽線の三原―海田市間と柳井―徳山間、姫新線上月―新見間、津山線野々口―牧山間、伯備線豪渓―上石見間、芸備線新見―下深川間、福塩線府中―塩町間、因美線津山―智頭間、呉線三原―海田市間、岩徳線岩国―櫛ケ浜間。線路内への土砂の流入や、橋梁の流失、盛り土の流出など鉄道施設に大きな被害が出た。

広島呉道路の脇で発生した斜面崩壊で、高速道路と国道31号、JR呉線が寸断された。7月9日撮影(写真:パスコ、国際航業)
[画像のクリックで拡大表示]