iOS 12を披露する米アップルのクレイグ・フェデリギ ソフトウエアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年6月4〜8日、米アップルの世界開発者会議(WWDC)が米カリフォルニア州サンノゼで開催された。ハードウエアの新製品の発表はなかったものの、「iOS 12」や「macOS Mojave(モハベ)」などソフトウエア関連の発表が目白押しだった。日経 xTECHの連載陣がWWDCを振り返り、今後のアップル製品の動向を占う。