私たちの仕事や生活において、最初に無線LANを身近にしたのはパソコンである。無線LAN規格は「IEEE 802.11b」だった。その後、「IEEE 802.11n」が、スマートフォンに標準搭載されたことで無線LANは爆発的な普及を遂げた。これは筆者のような、無線LANの技術開発などに携わる関係者にとってこの上なく喜ばしいことだ。一方、多く使われることで、使い勝手にかかわる問題が露呈してきた。多数の端末が密集する場所で通信速度が落ちてしまう、利用する周波数帯が近くなる電子レンジなどの機器と干渉する、といったものだ。

 いまや無線LANは"Wi-Fi"という呼称で広く親しまれている。これは「Wi-Fi Alliance」のロゴから来たものである。Wi-Fi Allianceは「IEEE (The Institute of Electrical and Electronics Engineers) 」の下で標準化された無線LAN規格の相互接続認証を行う団体である。無線LANの標準化そのものは、「IEEE 802 LAN (Local Area Network)/MAN (Metropolitan Area Network)」下の「802.11 WG(Working Group)」が担っている。製品の仕様書などで見かける802.11a/b/g/n/acはいずれも、1997年に策定された802.11規格に対する拡張規格である。

図1 802.11無線LAN規格の伝送レートの変遷
[画像のクリックで拡大表示]

 主な802.11系無線LAN規格の変遷を見ると、しばらくは単純な伝送レートの向上だったことが分かる(図1)。しかし、802.11nからは伝送レートに加えて、「効率化」がもう一つの改善軸になってきた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら