ビジネスのデジタル化を進めるとき、必ずと言っていいほど厄介な存在が出てくる。筆者が国内の著名企業20社の経営層や企画部門、事業部門のミドルマネジャーにインタビューした結果、デジタル化を阻む5つの厄介な存在が浮かび上がった。今回は「現場を混乱させる経営トップ」である。

 人工知能(AI)、IoT(インターネット・オブ・シングズ)といったキーワードが一般紙でも取り上げられるようになり、「我が社でもデジタル化を推進すべきだ」と声高に叫ぶ経営トップは少なくない。危機感を募らせているのは良いが、デジタル化の目的が明確になっていない場合は問題だ。言い渡されたIT部門などの現場は混乱し、狙いがはっきりしないままデジタル技術の導入だけが目的となる。結局、会社にとって意味のない取り組みになってしまう。自動車関連製品の製造・販売を手掛けるA社の事例を見てみよう。

社長の一声でプロジェクトが開始

 A社はいわゆる「攻めのIT活用」を加速させようとしていた。そのためIT部門が研究開発部門の管轄下となり、IT部門の役割を変える方針を打ち出した。これまで社内システムの保守・運用作業が中心だったIT部門を、ITを活用して売り上げ拡大に貢献できる組織にするのが狙いだ。

 背景には、自動車業界の急速な変貌ぶりがあった。電気自動車や自動運転、コネクテッドカーなど新しい動きが次々に出てきている。当然、経営トップも強い危機感を募らせ、デジタル化の推進を急いだ。

 そこでA社の経営トップは、長年IT部門に所属し、かつ社内業務を熟知していたB氏に対して「デジタル活用による全社変革」を指示した。こうしてB氏は全社変革プロジェクトの責任者になった。

 社長からの指示に具体的な目的はなかった。ただ、ほぼ唯一の決定事項は、ITやデジタル技術を使うことだった。「どんなプロジェクトを進めるかを含めて自分に任された」とB氏は認識し、具体的な施策のアイデアを探った。ちょうどそのころ働き方改革の記事が新聞やWebサイトに踊っていた。B氏はそれらを参考に「デジタル活用による働き方改革」をテーマとした。生産性を高め、収益の向上につなげると考えたのだ。

 B氏はまず、iPadを導入しペーパーレス化を進めることにした。同時に、コミュニケーションツールのSkypeを活用し、社外からでも会議に参加できるようにするなど、新しい仕事の仕方を実現できるシステムを構築した。

システムを構築したが生産性は上がらず

 ところが、システムは構築できたが業務の生産性は大して高まらなかった。iPadを配っただけで紙の書類が減ることはなく、当然、コスト削減にも寄与しなかった。ある日、B氏は社長ぶ呼び出されてこう怒鳴られた。

「変革プロジェクトチームは何をやっているんだ。成果が全く出ていないじゃないか」

 その後もプロジェクトは続いているが、社内では存在意義が問われている。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら