パナソニックは2018年3月7日に、1918年の創業から100周年を迎えた。101年目に当たる2018年度は、次の100年に向けてパナソニックが動き出す節目の年になる。「住空間」「モビリティ」「B2B」の3分野を新たな成長への挑戦領域に定め、パナソニックは事業構造改革の真っ最中だ。社内外の強みを持ち寄り、「クロスバリュー」でイノベーションを起こそうとしている。同時に新規事業を創出するため、従来のビジネスプロセスを抜本的に見直す動きも活発だ。社会への「お役立ち」を掲げるパナソニックは、100年後にどんな会社になっているのか。2018年6月で社長就任から7年目を迎える、経営トップの津賀一宏代表取締役社長 社長執行役員 CEOに本音を語ってもらった(インタビューは3回に分けて掲載)。

(聞き手は日経 xTECH編集長 大石 基之、副編集長 川又 英紀)

津賀 一宏 代表取締役社長 社長執行役員 CEO
(撮影:太田 未来子)
[画像のクリックで拡大表示]

津賀さんは事業部や4つのカンパニー(アプライアンス社、エコソリューションズ社、コネクティッドソリューションズ社、オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社)の掛け算で新しい価値を生み出そうとしています。「クロス」や「カケパナ(組織などの掛け算)」が変革のキーワードということですね。

 そうです。しかもクロスには色々あります。社内のクロスもあれば、社外とのクロスもある。メーカーとサービス産業といったクロスもあれば、中国に市場の軸足を置いたときの日本とのクロスだってあり得ます。今までは何でも日本側で仕切っていたものを、中国という地域軸や事業軸でクロスさせるといった感じです。クロスというのは、まさに今の時代を象徴する言葉だと思います。

日経 xTECH(クロステック)としては勇気100倍です(笑)。

 異業種とのクロスにも積極的に取り組んでいます。最近もカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)さんや資生堂さん、東京西川(西川産業)さんなどとの提携がそうです。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら