(画像:123RF)

 今、日本企業の間ではRPA((Robotic Process Automation)が大ブームになっているが、その陰で野良ロボットの増殖が始まっている。管理されていないRPAロボが社内に蔓延すれば、不正利用や業務のブラックボックス化など大きな問題を引き起こす。
 この特集では「行方不明」「飼い主不明」「生死不明」など野良ロボの実態と、野良ロボットが業務やシステムに「悪さを働く」リスクを明らかにするとともに、野良ロボが生まれる原因や及ぼす影響などを分析し、今から打つべき対策を提示する。