Excelでセルを絶対参照にする場合、行番号と列番号の前に「$」を付ける。絶対参照とは、前回説明したように、セルを固定的に指定する方法だ。しかし、いちいち手作業で「$」を付けるのは面倒くさい。実はとても便利な方法がある。

絶対参照には[F4]キーを使う

 次の図のE列には、合計に占めるそれぞれの品目の売り上げの比率を計算している。E2セルに「=D2/$D$8」と入力して、「表示形式」を「パーセント」にする。合計にあたる「D8」を「$D$8」と絶対参照にしているから、これをE7セルまでコピー・アンド・ペースト(コピペ)しても、割る数にあたる合計の参照先がずれることなく、全品目の比率を一発で計算できる。

 このときにE2へ「$D$8」を入力する方法がポイントになる。まず、E2に「=」と入力したらD2をクリックまたは入力して「=D2」にする。次に「/」を入力して「=D2/」にする。さらに「D8」をクリックして「=D2/D8」にする。注目したいのはここからだ。

 「=D2/D8」としたら、続けて[F4]キー(機種によっては[Fn]+[F4]キー)を1回押そう。すると数式は「=D2/$D$8」となり、「D8」を一発で絶対参照にできる。[Enter]キーを押して数式を決定し、あとはE7までオートフィルすれば完成だ。このやり方を覚えたら、いちいち「$」を手入力などしていられない。

絶対参照への変更は[F4]キーで
相対参照を絶対参照にする場合、「$」を手入力する必要はない。[F4]キーを使うと一発で絶対参照にできる
[画像のクリックで拡大表示]

片側絶対参照で九九の表を作る

 先ほどの例では[F4]キーを一度だけ押して、相対参照を絶対参照にした。実は[F4]キーを続けてもう一度押すと、数式は「=D2/D$8」になる。さらにもう一度押すと「=D2/$D8」、さらに押すと「=D2/D8」と元の相対参照に戻る。

[F4]キーを押し続けると
[F4]キーを押し続けると「D8」が「$D$8」「D$8」「$D8」のように変化し、さらにもう一度押すと「D8」に戻る
[画像のクリックで拡大表示]

 注目したいのは「D$8」と「$D8」だ。これらは、片側絶対参照と呼ぶ。

 「D8」の「D」は「D列」、「8」は「8行」を意味する。「D$8」の場合、列側の「D」には「$」が付かず、行側の「8」にだけ「$」が付いている。これは、列側は相対参照で、8行のみを絶対参照せよ、という意味になる。これとは逆に、「$D8」の場合、列側のみに「$」が付いている。D列のみ絶対参照し、行側は相対参照せよ、という意味だ。

 しかし、こんな片側絶対参照が一体何の役に立つのか。実はこれが大いに役に立つ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら