フル電動化の「源」となる電池。特に期待が大きいのが電解液を固体化したLiイオン2次電池「全固体電池」だ。EV向けに実用化が見込まれる時期が「2022年ごろ」と急速に具体化してきた。スマートフォンやIoT端末向けはさらに早く1~3年内に量産される。当初のメリットは充電の速さや安全性の高さで普及すれば電池やEV市場の勢力図を塗り替えそうだ。エネルギー密度を大幅に高める道筋も見えている。

 「実用化は早くて2035年と言われていた以前からすれば隔世の感がある。これほど早まるとは」─。ある全固体電池の研究者はこうした感想をもらした。3年ほど前には早ければ2025年と実用化見通しが10年前倒しされていた1)

 今回、2025年からさらに前倒しされ、具体的な実用化時期も見えてきた。トヨタ自動車の副社長、Executive Vice PresidentであるDidier Leroy氏が2017年10~11月の「東京モーターショー」で「2020年代前半に、ゲームチェンジャーになる全固体電池の実用化を目指して開発を加速している。開発チームは200人超で、特許出願数も世界一」と発表したからだ。

EVの出遅れ感挽回の切り札に

 トヨタの「2020年代前半」は、具体的には2022年前後である可能性が高い注1)

注1)2017年7月には国内で「トヨタが全固体電池、22年国内で」という一部報道があった。これには「話の出所が分からない」(トヨタのある技術者)という声があったが、2017年11月には同社 代表取締役会長の内山田竹志氏が、海外の大手メディアに「全固体電池の実用化にはあと4~5年」と語ったとも報道されている。

 あるトヨタの技術者からは、そうした実用化時期について戸惑いの声も聞こえてくる。公に発表したLeroy氏の話さえ「あくまで努力目標を話しただけ」(ある関係者)と冷静に指摘する。トヨタはEV市場では世界に出遅れたとみられている。技術陣よりもむしろ経営陣が、その出遅れ感を帳消しにする役割を全固体電池に期待しているようだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら