いよいよ行楽シーズン。クルマでのレジャーを計画している人もいるだろう。そこでちょっとチェックしてほしいのがカーナビだ。すでに車に付いているナビゲーションは、データを更新していないと情報が古くなってしまい、新しい道や店舗などの情報が取得できない。また、旅先でレンタカーを借りる際には、ナビゲーションが別料金になっていることもある。

 こうしたケースでは、スマートフォンで動作するカーナビアプリがおすすめだ。常に最新の地図情報を利用できるので、車載ナビのデータが古く感じたらぜひ使ってみよう。新しくできた道を利用して、快適かつ効率的に移動できるはずだ。

 今回は、10分程度で使い方をマスターできるおすすめのナビアプリ2本を紹介する。

 なおスマホをカーナビとして使う場合は、忘れずにスタンドを調達しておこう。ナビアプリはGPS測位ができなくてはならないので、車内の高い位置に取り付けられるスタンドは必需品だ。レンタカーで使う場合など、どのような取り付け場所があるか分からないときは、エアコン送風口にはさむものなど、汎用性の高いタイプを購入するとよい。

無料で使えるがログインすればさらに便利

 最初に紹介するのは「Yahoo!カーナビ」だ。このアプリは、iPhoneとAndroid向けに提供されている。

 出発前に初期設定などを済ませ、すぐ使える状態にしておこう。Yahoo!カーナビのアプリをインストールして、画面の指示に従って位置情報の利用などを許可しておく。このあたりは、ほかの地図アプリなどを利用するときと同じ手順だ。

レジャーにはYahoo!カーナビがおすすめだ
(撮影:アバンギャルド)
[画像のクリックで拡大表示]

 Yahoo!カーナビを使いこなすには、Yahoo!のIDでログインすることをおすすめする。ログインすることで、渋滞情報が表示されるようになるからだ。特に行楽シーズンは、ログインがマストだと言える。Yahoo!カーナビは無料で利用でき、Yahoo! IDも無料で作れる。ただしIDを作る作業はちょっと時間がかかるので、出発前にIDの作成とログインは済ませておきたい。

 ログインを終えたら、自宅を登録しておこう。これでいつでも簡単に帰れるようになる。この作業は出発後でも構わないが、自宅にいるときに登録すれば、現在地から一発で操作できる。

画面左のメニューからYahoo! IDでログインする
[画像のクリックで拡大表示]
画面右上の家のボタンをタップして自宅を登録する
[画像のクリックで拡大表示]
自宅は住所もしくは現在位置から登録可能。現在位置から登録するほうが楽だ
[画像のクリックで拡大表示]
登録が終わると右上のボタン一発で自宅に帰れるようになる
[画像のクリックで拡大表示]